ゴルフにテニスに野球、スマートデバイスでスポーツが変わる!?

活動量計に続き、各メーカーがスポーツ分野でのスマートデバイス製品の投入を進めている。

ソニーはテニスのスイングを解析できる高性能センサーを5月に発売。ボールを打った回数やスピード、インパクトポジションなどが瞬時に解析され、スマホで自分のスイングの癖や傾向を確認できる。これまでひたすら練習することでしか掴めなかった上達の“コツ”を、センサーとスマホを使うことで簡単に確認でき、技術向上をアシストしてくれる。

またゴルフや野球のほか、スポーツ利用に特化した製品も登場。多様な競技でスマートセンサーの応用が進んでいる。

スポーツの上達にもスマートグッズが役立つ時代。これまで使い慣れた用具に取り付けるタイプが多く、気軽に始められるのも特長。大人になり、誰かに教わることもなくなった今、これらのアイテムをプラスするだけで、スポーツがますます楽しくなるのは間違いない。以下、代表的な製品をリストアップした。

■ゴルフ
Zepp(フォーカルポイント)『Zepp Golf スイングセンサー』(実勢価格=2万360円)
グローブに装着するだけで、スマホでスイングのスピードやテンポ、、腰の回転などを解析し、3Dアニメで見ることができる。

■テニス
ソニー『Smart Tennis Sensor SSE-TN1』(予想実勢価格=1万8000円・5月下旬発売予定)
テニスラケットに装着し、一打ごとに振動センサーとモーションセンサーで自分のショットをリアルタイムで分析。

■野球
Zepp(フォーカルポイント)『Zepp Baseball スイングセンサー』(実勢価格=2万360円)
バットスイングを3次元で解析し、スイングスピードやヒットゾーン時間、スイングの軌跡等を分析できる。

水が入りにくい水泳用イヤーピースが付属し泳ぎながらでも使える防水仕様のソニー『ウォークマン NW-274S』(実勢価格=1万2890円)。水洗いも可能
水が入りにくい水泳用イヤーピースが付属し泳ぎながらでも使える防水仕様のソニー『ウォークマン NW-274S』(実勢価格=1万2890円)。水洗いも可能