犬目線で動画撮影!? アクティブに動画を体感できる“アクションカム”とは

最近、急速にシェアを拡大しているアクションカム。従来のハンディタイプのビデオカメラよりコンパクトで、豊富なアタッチメントを用いて、従来にない視点で映像が撮れる。

実はこれ、サイクリングやランニングなどの趣味を記録するのに最適。自転車にマウントしたり、自分の目線に近い場所に装着することで、それぞれのシーンならではの迫力ある動画を撮影できる。

自転車やランニングのスピード感や臨場感のある映像、野外で出会った思わぬ風景などを独自の視点で記録することが可能だ。従来のビデオカメラよりも自分がアクティブに動くこと、プレイヤーの視点を持つことが、迫力ある映像を撮るためのポイント。それをサポートするためのアクセサリも豊富に揃う。

各社から多種多様なアクションカムやアクセサリが続々登場しているが、自分に合ったものを見つけるには以下の2点に注意したい。

まず使いたいシーンと対応するアクセサリを見付けることが重要。モデルによって得意とするシーンや用意されているアタッチメントが異なる。自分の撮りたいシーンをはっきりさせることが大切だ。

そして、スペックをよく比較すること。特に注目したいのが本体の防水性の有無とレンズの明るさ。さらに、モニタがあると撮りたい被写体に遭遇した時にすぐ撮影できる。

自分にピッタリの一台を探してアクションカムライフを楽しもう。

ソニーは、高い場所を撮影できるモノポッドや、ヘッドバンドなど豊富なアクセサリを揃える。犬にカメラをマウントできる『ドッグハーネス AKA-DM1』(実勢価格=5120円)も用意。
ソニーは、高い場所を撮影できるモノポッドや、ヘッドバンドなど豊富なアクセサリを揃える。犬にカメラをマウントできる『ドッグハーネス AKA-DM1』(実勢価格=5120円)も用意。