デジモノ編集部員が衝撃度ナンバーワンと認めた、ゲームの未来を切り拓く『Project Morpheus』とは

仮想空間にダイブする。ゲームの世界に体ごと入り込む。そんな究極のバーチャル体験が、ついに現実のものとなる。

このたびSCEは、『PS4』の可能性を広げるVRシステム『Project Morpheus』の開発を発表。3月にアメリカで開催されたGDC(ゲームデベロッパーズカンファレンス)では早くも同システムが参考出展され、会場の話題をさらっていた。

同システムは、『PS Camera』との組み合わせによりかつてない仮想体験を創出する。ヘッドマウントユニットを頭部に装着すると、内蔵センサーと『PS Camera』によりプレイヤーの頭の動きを検知。右を向けば右側の風景が、振り向けば背後の風景がリアルタイムで表示される。3Dオーディオ技術による立体的な音響効果も加わり、あたかもゲームの中に入り込んだかのような感覚を味わえる。

今回編集部でもプレイする機会を得たが、その体験はとにかく衝撃的。形状こそ既存のヘッドマウントディスプレイに似ているが、従来のシステムとは一線を画す未知の領域へと進化している。仮想空間に放り込まれたかのような実在感、手を伸ばせば目の前のオブジェクトに触れられそうなリアリティ。これぞ新次元のゲーム体験と言えるだろう。

まだプロトタイプではあるが、装着感も良好。後頭部にも重量を分散しているため、前面に重心が偏ることもない。ゲームに限らず、デジタル業界全般、医療や教育の分野にも応用できそうな可能性も秘めている。製品化時期は未定だが、期待値は早くも急上昇。ゲームの未来は、確かにここにある。

ソニー・コンピュータエンタテインメント『Project Morpheus』(発売日未定)
ソニー・コンピュータエンタテインメント『Project Morpheus』(発売日未定)