定番ダーツボードが自宅で楽しめる、家庭用ソフトダーツが登場

得点時のサウンド演出や、ゲーム内容を表示する液晶ディスプレイの充実、さらに全国でスコアを競えるネット機能など、今やダーツマシンはデジタルギミックを満載した一大アミューズメントに進化している。

そんなダーツマシンの中でも人気、稼働台数ともにトップクラスの「DARTSLIVE」シリーズが、直径54cm、高さ最大57.4cmと家庭用ソフトダーツボードとしてコンパクトになって登場。

店頭の『DARTSLIVE2』と同様のサウンドを収録しており、得点した時の効果音などを忠実に再現。また、得点のターゲットエリアも店頭筐体と同じ15.5インチとなっており、実戦の練習にも最適、ダーツをボードから抜く時の手触りなども実機さながらになっている。

設定した点数をゼロにする早さを競う「x01」や、逆に加点して高さを競う「COUNT-UP」、さらに戦略性の高い「CRICKET」など定番ゲームを多数収録。慣れ親しんでいるプレイヤーほど発見のある一台だ。

逆に、「お店で練習するのはちょっと恥ずかしい……」というようなダーツ初心者・未経験者にとっても、コツをつかむまで自宅で思う存分練習できるのはうれしいところ。設置は、背面4カ所にねじを引っ掛けて壁に取り付けるだけ。

組み立て式のソフトティップダーツが6本付属しているので、購入してすぐに2人プレイでの対戦も可能。矢を的に当てる、そのシンプルな楽しさをまずはこれで追求してみよう。

ダーツライブ『DARTSLIVE-100S』(価格=1万8690円)。ボード下部には、ゲーム選択やプレイヤー交替用のボタンと液晶ディスプレイを装備
ダーツライブ『DARTSLIVE-100S』(価格=1万8690円)。ボード下部には、ゲーム選択やプレイヤー交替用のボタンと液晶ディスプレイを装備