「バブル期そだち」第4回 石黒正数(1977年9月8日生まれ)その1

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第4回は、『それでも町は廻っている』で2013年の第17回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞された漫画家・石黒正数さんです。4週にわたり公開していきます。
1_IshiguroPortrait310×260男
<プロフィール>
1977年9月8日、福井県生まれ。2000年、『アフタヌーンシーズン増刊』にてアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞した『ヒーロー』でデビュー。以降、SF(すこし・ふしぎ)テイストを根底に、日常コメディ、ミステリー、青春ドラマ、ホラー、ギャグなど、さまざまな雑誌媒体で作品を発表。現在、第17回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作の『それでも町は廻っている』(少年画報社/『ヤングキングアワーズ』)、『木曜日のフルット』(秋田書店/『週刊少年チャンピオン』)、『別冊 木曜日のフルット』(秋田書店/『別冊少年チャンピオン』)を連載中。ほか、主な作品に、『外天楼』、『ネムルバカ』などがある。


バブル期そだちの男子なら、小学生の頃に女子と付き合うなんてもってのほか。「不純異性交遊」と冷やかしていた男子が多かったはず。しかし、石黒正数さんは小6にして同じクラスに彼女がいたという。若くして「女子」を知った石黒さんが、どんな女性観を持っているのか? その過去に迫った。

―以前のインタビューで、小学6年生の時に彼女がいて、しかもその子が『それでも町は廻っている』に登場するエビちゃんのモデルになっていると話されていたんですが、それは本当ですか?

え、まぁ……あの頃の彼女に振り回された記憶を元にエビちゃんを描いてます。自分の経験も入れつつ多少は作ってますが。でも、いまだに夢に出てきますね。

―石黒さんの作品に出てくる女の子って、思春期前の男子がぼんやり考える女子像と言いますか、それまで自分と同じだと思っていたのに、急に男子を子供扱いしたり、かと思えば急に少女になったり。大人になって振り返って思うあの時の「女子」が的確に描かれて、自分の苦い経験を思い出して時に悶絶しちゃうんですよ。

そこをわかってくれるとありがたいですよ。あの頃の女子って、男子から見れば一方的に大人になっていくんですよね。だから振り回されるんですけど(苦笑)。

01_1_DSC00459k

―女の子でいうと、昔読んでいた漫画で好きなヒロインとかはいたんですか?

うーん、ちょっと深い話になりますが、『ドラえもん』のしずかちゃんですかね。確かにしずかちゃんが好きだったんですけど、それは例の小学生の時の彼女に似ていたから、しずかちゃんを好きになったような気がします。

―僕の周りでしずかちゃんが好きだったって人は聞いたことがないのですが(笑)。

俺の周りにもいないですよ(笑)。『しずかちゃんさようなら』というエピソードがあって、のび太が学校で怒られて、このままではしずかちゃんを幸せにできないと思い、「もう会わない、別れる」とか言い出す回があるんですよ。

―のび太のくせにいじらしいですね(笑)。

それで、何も知らないドラえもんが「きらいになったの?」と聞いたら、のび太が「好き! 好き! 大好き!! あの子がいるからぼくは生きていけるんだよ」とか言うんですけど、俺もあれぐらい彼女のことを想っていたんですよね。

―相当好きだったんですね。

いや、そうではなく、のび太って将来しずかちゃんと結婚する未来を知っているじゃないですか? それを知った上で、しずかちゃんの幸せのためなら自分で身を引いて歴史を変えてもいいと言いますか。

―それってのび太のキャラが好きなんじゃないですか?

いや、この感覚はわかってもらえないかも(笑)。のび太と同じ感覚を持って初めてわかる「しずかちゃん観」ってのがあるんですよ。結局、あの時の彼女とは中学になって別々のクラスになって自然消滅するんですけど(笑)。

―意外とあっさり別れるんですね(笑)。では、キャラの絵的に好きだったヒロインはいましたか?

『ドラゴンボール』の金髪のランチとか人造人間18号、『風の谷のナウシカ』のクシャナ、『六三四の剣』の轟嵐子とかですかね。俺、基本的につり目の生意気キャラが好きなんです。

―一番初めに好きになったのがそうだったからとか?

うーん、どうだろう。あ、思い出した、一番最初に好きになったのは、『GU-GUガンモ』のリンダ・スカイラークかもしれない。二次元の絵に初めてビビッときたのはリンダだったと思う。その次に轟嵐子。あと『アンパンマン』のドキンちゃんも……。

01_2_heroine

―ドキンちゃんまでも!?

なんか中学生の時に気付いてしまったんですよ……。俺、ドキンちゃん好きかもって。まさにつり目で生意気キャラ。こんな子供向けのキャラなのに、中学生にもなって萌えている自分に気付いてしまって。ものすごく強烈な罪悪感に打ちひしがれましたけど。

―確かに男子は思春期を迎えると、女性キャラを好きって言えなくなる感じってありましたよね。

言えなかったですね。人が描いた絵をかわいいと思うなんてありえないし、言っちゃいけない。当時は「萌え」って言葉もなかったし。今はインターネットがあるから、ある程度カミングアウトすることはできるんでしょうけど、当時は一人で抱えるしかなくて。あの罪悪感はすごかった。ドキンちゃん「も」好きだと気付いたあの瞬間。

―「萌え」で言うと、石黒さんは「姉萌え」もこじらせてますが(笑)。何か原因があったんですか?

中学生の時にきれいな姉がいる友達がいて、そいつがいつも羨ましい姉話をふっかけてきたんですよ。普通、自分に姉とか妹とかいたら、そんないいもんじゃないって言う人が多いんですけど、そいつはなんか変わってて。日頃から風呂上がりの姉を見たとか、パンツを見たとかを自慢してくる(苦笑)。

―いくつ上の姉だったんですか?

3歳ぐらい上だったから高校生の姉だったと思う。

―それは思春期の男子中学生にはたまらないですね。

それである日、そいつの家に遊びに行ったら、隣の部屋から姉のパンツを持ってきて(笑)。

―それはやばい!

それがたまたま縞パンだったため、俺が後に漫画で描くパンツは、ほぼ全て縞パンになったんです。

―その影響ですか!

だって中1ですよ。その衝撃は計り知れない。今でもその友達には「お前のせいだ」って言ってますから。

―ちなみに……何色だったんですか……?

白とグレーの縞模様ですね。それでまたそいつの家で『ファミコン』とかやってると、その姉が居間で無防備に寝てたりしてて。

―そういう光景がすごく目に浮かびます。『ツインビー』とかやってる場合じゃない(笑)。

それが、ものすごいショートパンツを履いてて生足をさらけだしてたんですよね。男子中学生の前でそんな格好するなよって(笑)。ちなみに、その時の記憶を元に描いた絵がこれなんです。(※注:『それでも町は廻っている』7巻の折り込み口絵)

01_3_DSC00529k

©石黒正数/少年画報社

―よく覚えてますね(笑)。

そりゃ、どんな出来事よりも鮮明に覚えてますよ。フルカラーで。でもパンツはモノクロでしたけど(笑)。

その2に続く

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ)


Information

石黒正数主要作品発売中!

3_soremachi12_cover
『それでも町は廻っている(12)』
定価:本体533円(税別)
発行:少年画報社
http://www.amazon.co.jp/dp/4785951745
メイド喫茶でアルバイトをする探偵志望の女子高生・嵐山歩鳥と周りの人びとが巻き起こす、SF(すこし・ふしぎ)日常群像劇の最新12巻。2010年10月期のアニメ化作品。『ヤングキングアワーズ』にて連載中。
©石黒正数/少年画報社

4_furutto3_cover
『木曜日のフルット(3)』
定価:本体419円(税別)
発行:秋田書店
http://www.amazon.co.jp/dp/4253216129
半ノラネコのフルットと飼い主の鯨井先輩が送る、心がほっこりするダメな日常を描いたショートギャグ漫画の最新3巻。『週刊少年チャンピオン』『別冊少年チャンピオン』で連載中。
©石黒正数/週刊少年チャンピオン

5_getenrou_cover
『外天楼』
定価:本体700円(税別)
発行:講談社
http://www.amazon.co.jp/dp/4063761592
増改築を繰り返したマンション「外天楼」で起こる出来事の数々。少年たちのエロ本探しから始まった物語の行き着く先は――。石黒さん曰く、漫画のミステリー手法を突き詰めた作品。
©石黒正数/講談社(KCDX)

6_nemurubaka_cover
『ネムルバカ』
定価:本体552円(税別)
発行:徳間書店
http://www.amazon.co.jp/dp/4199500758
冴羽女子寮の同室である、ミュージシャンを目指す先輩と目標のない後輩。2人の日常をゆるくも切なく描いた大学生の青春ストーリー。関連作の『響子と父さん』も好評発売中。
©石黒正数/徳間書店