「バブル期そだち」第4回 石黒正数(1977年9月8日生まれ)その2

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第4回は、『それでも町は廻っている』で2013年の第17回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞された漫画家・石黒正数さんです。4週にわたり公開していきます。
1_IshiguroPortrait310×260男
<プロフィール>
1977年9月8日、福井県生まれ。2000年、『アフタヌーンシーズン増刊』にてアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞した『ヒーロー』でデビュー。以降、SF(すこし・ふしぎ)テイストを根底に、日常コメディ、ミステリー、青春ドラマ、ホラー、ギャグなど、さまざまな雑誌媒体で作品を発表。現在、第17回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作の『それでも町は廻っている』(少年画報社/『ヤングキングアワーズ』)、『木曜日のフルット』(秋田書店/『週刊少年チャンピオン』)、『別冊 木曜日のフルット』(秋田書店/『別冊少年チャンピオン』)を連載中。ほか、主な作品に、『外天楼』、『ネムルバカ』などがある。


大切なことは全て『ドラえもん』に学んだというバブル期そだちの人は多いはず。藤子・F・不二雄の日常的SFを、21世紀に継承する漫画家として知られる石黒正数さんは一体どのようにして漫画と関わってきたのか? 現在の作風にもつながる、幼少期の原体験に迫る。

―小さい頃、学校ではどんな子だったんですか?

俺、小学生時代に限っては成績優秀ですごく賢い子だったんですよ。先生から個人的に私立中学の受験を勧められたり、吹奏楽の怖い先生からもトランペットの演奏をめちゃくちゃ褒められたり。作文で福井県の大きい賞をとったり。あと、絵の才能もあるとか言われて。

―その上、彼女もいて(笑)。

そう。でもそれらを全部、中学生の時に失ってしまうんですよ(苦笑)。俺、勉強もしなかったのに成績が良かったもんだから、ろくに勉強の仕方もわからないまま中学に入ったらみるみる成績が下がって。

―小学校で神童ともてはやされ、中学校で普通の子になるパターンですね。

まさに神童扱いを受けてたんですけど、中学に入ってからは彼女とも自然消滅して、気付いたら絵を描くことしか自分には残ってなかった。

―でも絵を描くことはずっと褒められたんじゃないですか?

3歳の頃からずっと絵ばっかり描いてましたから。でも小学校で絵の展示会があったんですけど、当然俺の絵が選出されると思っていたら、「この絵には大人の手伝った形跡がある」という理由で落とされたんですよ。

―それはひどい。

学校で描いた絵なのに、誰が手伝ったんだよと言いたい。遠足で見た牛を、記憶を頼りに描いた絵だったんですけど。

―神童ならではの悩みですね(笑)。普段からよく絵を描いてたんですか?

授業中に妄想してはよく机に落書きしてました。

―学校の机って、絵を描けって言わんばかりのまさにキャンバスでしたよね。

どういうわけかあの机って鉛筆のノリがいいんですよ(笑)。あとノートにパラパラ漫画とか、架空の『ファミコン』ソフトのパッケージとか描いてました。

―初めて読んだ漫画は『ドラえもん』って公言してますが、いつ頃ですか?

正確にはあまり覚えてないんですけど、小学1年から2年の頃ですかね。親に買ってもらったものです。既に自分で漫画みたいなものを描いてたりしてたんですけど、その後に本物の漫画を読むという変な順番で漫画に触れたんです。
ent20140521_1
―『ドラえもん』から入って、他にどんな漫画を読んだんですか?

『ドラえもん』以外の藤子不二雄作品ですね。小さい頃は藤子不二雄作品しか読まなかった。

―『週刊少年ジャンプ』とかも読まなかったんですか?

存在するのも知らなかったです。『ドラえもん』から入って、それ以外の藤子不二雄の長編とか短編にスライドする形で読み漁っていったんです。

―流行りのものよりも、自分が好きなものを掘り下げる感じですか?

まさにそれ。だから『ドラゴンボール』とか『シティーハンター』とかは読まずに、ひたすら自分が好きな藤子不二雄作品だけを読んでいたので、漫画のノウハウ=藤子不二雄になったんです。俺の漫画は藤子不二雄の影響を受けてるとか言われますけど、だって自分で描き始めていた時には、ほかの漫画を読んでいなかったわけですから、それ以外を知らないんですよ。藤子・F・不二雄先生からは多くのことを学びましたね。

―『バミューダ・トライアングル』とか『ティラノサウルス』とか『ハレー彗星』とか、『ドラえもん』から教わったことは数多いですよね。あと宇宙の爆発シーンとかで「この音は宇宙空間ではなく船内に響いたもの」といった注意書きが必ず添えられたりして。

あったあった(笑)。みんな当たり前に通ってきた道だし、俺だけではなく、日本人の血肉になっているぐらいだと思います。

―藤子・F・不二雄先生はSFのことを「サイエンス・フィクション」ではなく、「すこし・ふしぎ」と定義して物語を描いてますが、石黒さんの漫画でも「すこし・ふしぎ」をふんだんに盛り込んでいますよね。F先生の作風を21世紀に継承していると言いますか。

それは意識してやってます。でも昔、F先生から学んだ「すこし・ふしぎ」をもっと現実的に複雑にしたら面白くなるんじゃないかと思って、一度やってみたら、それって単に本物の「サイエンス・フィクション」だと気付いたことがあって。

―1周して戻っちゃった(笑)。

改めてF先生の偉大さに気付きましたね。

―でも石黒さんの作品では、特殊能力だったり、最先端のメカとかを登場させないで、普通の日常生活の中でSFを再現してますよね。人間の想像力で補うと言うか。

それこそがF先生から学んだことです。よくわからないカタカナの名前や現象だったり、ありえない事件を描くのではなく、そういうのをごくありきたりな日常生活の中に落としこんで描く。ちょっと想像力を働かせるだけでミステリーは生まれるんです。
ent20140521_2
―石黒さんの作品は伏線の散りばめ方がさりげなくて、全く関係ないように思えて最後には全部つながって回収するところに、もはや快感さえ覚えます。ああいうプロットが作れるのは昔から推理小説を読んでいたからですか?

いえ、俺は他の人と同じようにあまり読書が好きではなかった。でも小学生の頃って、先生から無理やり読書させられるじゃないですか?

―読まされ読書ですね。

それで仕方なく読んだのが「怪盗ルパン」シリーズだったんです。

―どうして「怪盗ルパン」だったんですか?

それはもちろん『ルパン三世』を知っていたからですよ(笑)。

―これだったら俺にでも読めると(笑)。

そう。でも読んでも読んでも、次元とかが全然出てこない(笑)。俺の知ってるルパンとも全然違うし。でも面白いから最後まで一気に読めました。

―それで読書にハマったと?

読書というより、ミステリーにですね。一度ハマるとそのジャンルにしか目が向かない癖があって。そこから「怪盗ルパン」シリーズを読み漁りました。

―それ、『ドラえもん』と同じパターンですね(笑)。

だって好きなんですから。それで図書館にあった文庫シリーズにハマって、近くにあった「シャーロック・ホームズ」シリーズとかも片っ端から読みましたね。

―推理小説だと、子供でもすぐ引き込まれるし、どんどん展開するし、最後にちゃんとオチがあって、満足感というか、読書した感がありますよね。それで次も読もうって気にもなる。僕の場合は「ズッコケ三人組」シリーズでしたけど(笑)。

よくわからない文学とか現代文とかではなくて、星新一作品とか「ホームズ」を国語の教科書に載せれば、子供は絶対もっと本を読むと思う。フリがあって、オチがある快感とか、騙された時の衝撃だとか、感情を揺さぶる感じがいいんですよ。小説の一部を切り取ってその時の筆者の気持ちなんてわかるわけがない(笑)。

―その後ブームになった『金田一少年の事件簿』とか『名探偵コナン』とかの推理漫画は読み漁ったんですか?

弟が持っていたので少しは読みましたけど、その頃の推理漫画ブームに少し違和感を覚えてたんですよ。小説とかテレビドラマとかでもできるトリックだけじゃなくて、漫画にしかできないミステリーの手法がきっとあると当時から俺は思ってて。そんな思いを込めて、『それでも町は廻っている』とか『外天楼』を描いてるんです。

その3に続く。

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ)


Information

石黒正数主要作品発売中!

3_soremachi12_cover
『それでも町は廻っている(12)』
定価:本体533円(税別)
発行:少年画報社
http://www.amazon.co.jp/dp/4785951745
メイド喫茶でアルバイトをする探偵志望の女子高生・嵐山歩鳥と周りの人びとが巻き起こす、SF(すこし・ふしぎ)日常群像劇の最新12巻。2010年10月期のアニメ化作品。『ヤングキングアワーズ』にて連載中。
©石黒正数/少年画報社

4_furutto3_cover
『木曜日のフルット(3)』
定価:本体419円(税別)
発行:秋田書店
http://www.amazon.co.jp/dp/4253216129
半ノラネコのフルットと飼い主の鯨井先輩が送る、心がほっこりするダメな日常を描いたショートギャグ漫画の最新3巻。『週刊少年チャンピオン』『別冊少年チャンピオン』で連載中。
©石黒正数/週刊少年チャンピオン

5_getenrou_cover
『外天楼』
定価:本体700円(税別)
発行:講談社
http://www.amazon.co.jp/dp/4063761592
増改築を繰り返したマンション「外天楼」で起こる出来事の数々。少年たちのエロ本探しから始まった物語の行き着く先は――。石黒さん曰く、漫画のミステリー手法を突き詰めた作品。
©石黒正数/講談社(KCDX)

6_nemurubaka_cover
『ネムルバカ』
定価:本体552円(税別)
発行:徳間書店
http://www.amazon.co.jp/dp/4199500758
冴羽女子寮の同室である、ミュージシャンを目指す先輩と目標のない後輩。2人の日常をゆるくも切なく描いた大学生の青春ストーリー。関連作の『響子と父さん』も好評発売中。
©石黒正数/徳間書店