噂の“持ち歩けるボーカロイド” 『歌うキーボード ポケット・ミク』と会話してみたりした

4月3日に学研教育出版から発売された、世界初のハードウエア型ボーカロイド『歌うキーボード ポケット・ミク』。
「大人の科学」は、アナログシンセや、卓上ロボット掃除機などの組み立てる「科学グッズ」を付録にしたムック本です。その「大人の科学」編集部が特別編集として出した、この『ポケット・ミク』が、想像以上に“遊べる”と噂だったので実際に触ってみました。

大人の科学特別編集『歌うキーボード ポケット・ミク』
価格:4980円(税別)

blog20140520_1

「歌うキーボード」の名前通り、鍵盤(カーボンキーボード)を付属のスタイラスペンでタッチすると“ミクが歌う”仕様になっています。基本は、「ドレミファソ」と音階をそのまま言葉にして歌ってくれますが、「A~O」ボタンで「あ~お」の母音で歌わせることもできます。

blog20140520_2

blog20140520_3

さすがヤマハが企画開発から音声データベース開発まで携わっているため、こんなにシンプルでガジェット感のある見た目なのに、発する音声は限りなく初音ミクそのもの!
その音声を作り上げているのが、専用音源「eVocaloid」に対応した、ヤマハ開発のLSI(集積回路)「NSX-1」。この高品位なチップ自体は、ボーカロイドの歌声からアコースティックピアノ音色まで
奏でられるという高性能になっています。

blog20140520_4

……と、まあスペック的な紹介はここまでにしておいて!
この『ポケミク』ちゃんは触ってなんぼだと思うので、一通りの解説的な動画を作ってみましたので
ご覧ください!

動画の途中ではビブラートも利かせてみたり、途中でピッチを変えてみたりしています。

内蔵スピーカーでは音量を上げすぎると音が割れる傾向がありますが、3.5mmステレオミニジャックも搭載されているので、ヘッドホンで聴くこともできるしスピーカーを外付けすることもできます。

さらにここから面白いのが、「大人の科学」サイトで公開中の「ポケミク アプリ」!
このアプリを使えば、自分の好きな歌詞を歌わせることができるのです。

blog20140520_5

PCと『ポケット・ミク』を接続して、電源スイッチを「USB」に切り替える。
それから、Google Chromeで「ポケミク アプリ」を立ち上げるとアプリを使えます。

blog20140520_6

上の画像のように各ボタンに最大64字の文字をプリセットできます。あとは、キーボードをタッチしていけば順番にその設定した歌詞を歌ってくれます。

これで何でも好きな曲を歌わせることができるのです。
実際にピアノ経験者に弾いてもらった様子も動画に撮ったのでご覧ください。

見事に「メルト」ですねー。
音階を自分で把握していれば、あとは『ポケット・ミク』が歌ってくれるなんて、ステキ。
慣れれば抑揚表現もうまくできそう!

この製品、さらに何でもできそうだったので、スカイプでWeb会話してみました。

どうでしたか? ミクの会話聞けましたか?

「ああ」とか母音が続くと聴こえづらかったりしたのですが、とりあえず会話は成立しました。
もっとプリセットが多かったら、「なるほど」「ちがうよ」とか、短いけどパターンで使える相づちをセットして柔軟に会話できそうだなと思いました。
何か子供用のなぞなぞとかにも使えたりしそう。

今回はあまり試せなかったんですが、性能を見るに音楽制作でも全然使えちゃいそう。
曲に仮歌を入れる場合に、その場で自分のニュアンスで歌詞を合わせていけるし、ちょっと思いついた時に歌をつくれてしまいそうな気軽さがある。

そして何よりも、めちゃくちゃ安い! 正確には他のボーカロイド製品とは音源が異なるとのことなので一概に比較はできませんが、シンプルに「初音ミク」がこの価格で手に入るって考えると全然OKじゃないかなと思いました。

まだ書店でも、また「大人の科学」サイトでも買えるので、ポチっちゃってください!

© Gakken Educatiom Publishing 2014 Made in China
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
illustration by iXima ©CFM