「iPhone」がスキャナになる! デスクライト型スタンド『SnapLite』

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」でおなじみのPFUから新感覚のスキャナが登場しました。その名は『SnapLite』。『iPhone 5/5s』と連携させることでスキャナとしても使えるデスクライトです。
価格は1万2800円で5月28日の発売ですが、発売にさきがけて発表会が開催されたので、その模様と共に『SnapLite』がどんなものかをレポートしてみたいと思います。

blog20140521_00

『SnapLite』は、単体では5段階の輝度調整機能と黄色/白色の切り替え機能を備えたLED式のデスクライトですが、本体最上部に「iPhone」を載せると、「iPhone」のカメラを使って、スキャナのように写真を撮ることができる製品です。

blog20140521_01

使い方は簡単。専用のアプリをインストールし、起動した状態で『SnapLite』の上部、所定の位置に「iPhone」を置くだけ。するとスキャンモードになり、『SnapLite』の手前の卓上に四角い枠が表示されるので、そこへ撮影(スキャン)したいものを置いて、『SnapLite』の撮影ボタンを押せばOKです。アプリ上で色補正やトリミングなどを自動的に行なってくれるので、スキャナでスキャンしたように、きれいに撮影できてしまうのです。

blog20140521_02 blog20140521_03
▲カメラ機能を使っているので、立体物でもきれいに取り込めるのがポイント。複数を同時に取り込めるのも○ですね。

blog20140521_04
▲赤い四角の部分が取り込み可能範囲、角度補正やトリミングは自動で行なってくれるので、大雑把に置いてもOK。

読み取り可能範囲はA4サイズまでですが、写真や名刺など、それより小さいものを複数同時に並べて撮影することもできちゃいます。この場合は、角度補正やトリミングを自動でしてくれた上、それぞれが個別の画像ファイルとして保存されるという秀逸ぶり。また、A3サイズを2回に分けて撮影し、1枚に自動合成することも。撮影した画像はJpeg形式で、「カメラロール」に保存されます。

blog20140521_05 blog20140521_06
▲電源ボタンと撮影ボタンの2つだけというシンプルな構造。「iPhone」も置くだけなので迷うことはなさそうです。

blog20140521_07
▲背面にはUSBポートを備える。

blog20140521_08
▲ライト機能は「iPhone」をリモコンとして使え、オン/オフや明るさ調節、色変更ができるのも面白いポイント。

『SnapLite』の良いところは、ドキュメントスキャナにはできない立体物の取り込みが簡単にできる点。また、セルフタイマー機能も備えているので、両手が自由に使える点です。ちょっとした書類や写真、立体物を手軽にデジタルデータしたい時、きれいなデータでSNSに投稿したい時なんかに活躍してくれそうですね。