“Wiiみたい!?”と噂の新リモコンで、使ってみました「全録ディーガ」

パナソニック最新にして、最強との呼び声も高い全録BDレコーダー『ディーガ DMR-BXT970』
4月の第1報以来、大きな話題を呼んでいるモデルですが、この完成品がついに編集部にやってきました。
blog20140602_01

 

blog20140602_02
モデル名は『DMR-BXT970』。内蔵HDDは5TB、チューナーはなんと破格の11系統(地デジ×8、BS・110度CS×3)を備えており、最大10チャンネル分の全録ができるとんでもないヤツです。

10チャンネルが全録できるということは、かなりチャンネルが充実している環境でも地デジは全網羅できちゃいますね。

東京住まい(もろもろ電波の条件が良い場合)ではこんな感じでしょうか。
blog20140602_03-2
NHK(総合・Eテレ・BS1) + 民放5チャンネル + 関東ローカル2チャンネル
という、NHK+民放フル全録プランです。
(ローカル局は1チャンネルにして、かわりにBSプレミアムを足してもいいかも!)

10チャンネルのうち、最大5チャンネルはBSもスカパー!も選べるので
この組み合わせを考えるだけで無限にワクワクできそうです。
僕だったら、「WOWOWの3チャンネルは確実に入れたい!」とか…。

そんな怪物スペックの新「全録ディーガ」なわけですが
実はもっと面白いことになっていたのが、リモコンとユーザーインターフェイスだったりします。
blog20140602_04

blog20140602_05
新しいリモコンはデザインがタラコ型(?)とでも言うべきか、今までとガラッと変わった形ですが
この裏側にトリガーボタンが付いているのが最大の特長。

このボタンを押した状態でリモコンを持つと、テレビ画面上にポインターが表示されます。
blog20140602_06
中央に丸いヤツがいるのがわかると思います。

このポインターを上下左右に動かすことで色んな命令を出せます。
blog20140602_07
左に振ると、最近観た番組の履歴一覧が。

blog20140602_08
右に振ると、番組のシーン一覧を表示。(地デジ番組のみ、要ネット接続)
これ、番組を観ている最中にワンタッチで表示できるの便利ですね。

blog20140602_09
下に振ると、観ている番組と条件が似た番組のおすすめを表示。
いま観ていた歌番組に「Perfume」が出演していたので、
「似たものおすすめ キーワード Perfume」という条件で、Perfumeが出ている別の番組を自動的にピックアップしてくれたり。

blog20140602_10
さらに上に振るといろいろ選べます。
「最新ニュース」とか「天気予報」を選べば、一番新しめのニュース番組を拾ってきてくれる。

一連のポインター操作は、トリガーボタンを押す・離すだけで完結します。
この感覚はまさに、ゲーム機の“Wiiリモコン”のそれを彷彿とさせるもの。

ちなみに、この操作感が苦手な人のために、上下左右のセレクトバーをボタン操作で使えるよう
メニュー画面から呼び出すこともできます。
blog20140602_11

けっこう好みが分かれる操作体系ですが、ボタンを何度もポチポチ押す手間が省けるので
慣れてくると「もうずっとこれでいいかも」と思えてくるから、よくできてる。

ちなみにリモコンにはもう一つ仕掛けがあって、
blog20140602_12
(上の方にある)マイクのボタンを押しながらリモコンにキーワードを呼びかけると、ただちに番組検索ができます。
こっちは、リモコンによる文字入力の手間を減らす工夫ですね。

HDD容量が増え、チューナーが増え、保存される番組も増えた全録レコーダーで、
“さがす”操作のスピード感も格段に上げているのが「ディーガ」の優秀なところですね。