筆跡と音声を同期記録、ライターが選ぶ最強記録ツール

ユニークなデジタルガジェット類も大好物の文房具ライター・きだてたく氏。「テープ起こしなどの作業効率が大幅アップし、もう手放せない」と話す「Livescribe Smartpen」の魅力について語ってもらった。

*     *     *

取材をする時に手間なのが、録音した会話を聞きながら文章として組み立てる「テープ起こし」の作業。例えば取材に1時間かかったなら、それを改めて聞き直すのにも当然、最低1時間はかかります。

それが「Livescribe 3 Smartpen」なら、専用ノートのメモを見ながら必要な録音パートをピンポイントで聞けて作業時間が大幅に短縮できるようになった。もう仕事環境、激変ですよ。

別機種の『Livescribe wifi Smartpen』から使っていて、その時にもはやこれなしで仕事は無理! と感じていましたが、後発の本機を手にすると、『Livescribe wifi Smartpen』で気になってた点が解消されていてうれしかった。

『Livescribe wifi Smartpen』はペン本体のマイクで録音しているので筆記ノイズが入ってしまっていたのですが、このペンはBluetooth連携したスマホで録音するので、筆記ノイズが録音されなくなっているんです。

さらにペンから録音ユニットがなくなったことでバッテリー駆動時間が大幅に伸びたのもありがたい。文筆業をここまで捗らせる道具との出会いは初めてだったな。

ソフトバンクBB『Livescribe 3 Smartpen』(実勢価格=1万9336円)。 専用ノートに書き込んだ筆跡と音声を同期して記録し、ノートの文字をペン先でタッチすると、その文字を書いた時の音声を再生するデジタルペン。録音/再生はペンとBluetooth連携したスマホで行なう
ソフトバンクBB『Livescribe 3 Smartpen』(実勢価格=1万9336円)。 専用ノートに書き込んだ筆跡と音声を同期して記録し、ノートの文字をペン先でタッチすると、その文字を書いた時の音声を再生するデジタルペン。録音/再生はペンとBluetooth連携したスマホで行なう