世界最速ミラーレス登場! その名は『Nikon 1 V3』

review20140604_01
ニコン「Nikon 1」シリーズは、Nikon 1マウントと1型CMOSセンサーを採用したミラーレスカメラだ。この春、その最上位モデルとして『Nikon 1 V3』が登場した。2012年11月に発売された『Nikon 1 V2』の後継製品にあたり、ボディのデザインを大幅に変更したほか、撮像素子の高画素化や高感度化、液晶モニタの精細化、チルト可動化などを実現している。
撮像素子には、新開発した有効1839万画素のCMOSセンサーを、画像処理エンジンには「EXPEED 4A」をそれぞれ搭載。標準ズームも変更になり、レンズキットには動画撮影にも適したパワーズームが新たに付属する。

■基本機能をチェック
review20140604_02a review20140604_02b review20140604_02c
スポーツや乗り物など動体の撮影に打って付けの高速性能
最大の特長は、センサーとエンジンの改良によって操作レスポンスがいっそう高速化したこと。AF追従時の連続撮影は、約20コマ/秒に対応。前モデルの約15コマ/秒からさらに高速化し、プロ仕様の本格一眼レフにも勝るスピードを実現。さらに、AF非追従の場合は最高約60コマ/秒もの超高速連写が行える。動画に匹敵する圧倒的なハイスピードであり、すばやく動く被写体でも、狙い通りの瞬間を記録できる。

review20140604_03a review20140604_03b
Nikon 1マウントレンズを装着可能
レンズマウント規格には同社製「Nikon 1」マウントを採用。交換レンズは、超広角から超望遠まで10本以上の製品がラインアップされている。さらにマウントアダプター(実勢価格:1万8400円)を使えば、Fマウントレンズが使用可能に。画角は、の約2.7倍相当。

review20140604_04a review20140604_04b
付属キットレンズはレンズバリア付き
新しいキットレンズは、ボディ側の電源オン/オフに連動したレンズバリアを内蔵。起動からすぐの撮影が可能となり、効果4段分の光学式の手ぶれ補正機構にも対応する。

■実力測定:作例
review20140604_05
逆光気味の太陽光線によって鮮やかに輝く菜の花畑をスナップ。ベンチを中心にして構図を決めた上で、歩行者がバランスの良い位置にフレームインする瞬間を待ってシャッターを切った。レリーズタイムラグが極めて短いので、狙い通りのタイミングで簡単に撮影できた。

review20140604_06
キット付属の新標準ズームは、最短20cmまで近寄れるマクロ性能の高さも魅力。35mm換算で約0.55倍という高い撮影倍率が得られ、ハーフマクロレンズに匹敵する接写が楽しめる。発色は、クセのないナチュラルな傾向。好みに応じて色をカスタマイズすることも可能だ。

■結論
ニコンのミラーレスカメラ最上位モデル「Nikon 1 V」シリーズの3代目として『Nikon 1 V3』が登場した。まず目を引くのは、これまでの製品から大きく変わった外観だ。2011年発売の『V1』ではコンパクトカメラを思わせるミニマルなスタイルを、2012年発売の『V2』では実用性重視の一眼レフ風スタイルをそれぞれ採用していたが、今回のモデルはそのどちらとも異なる新しいスタイリングに変身を遂げている。一見シンプルでありながら、ボタンやダイヤルなど細部の作りにこだわった高品位なデザインだ。外装はフルブラックのメタル素材で、グリップ部には弾力性のあるラバーを配置。手に取ると、メカがぎっしりと詰め込まれたような凝縮感が伝わってきて撮影意欲を高めてくれる。
実際の使用では、操作レスポンスの速さに感心した。そもそも「Nikon 1」シリーズは、位相差AFとコントラストAFを併用した「アドバンストハイブリッドAFシステム」を採用し、ストレスを感じない快適なAF駆動を実現していたが、本モデルでは同システムがいっそう強化されている。測距点の密度が高まり、動体捕捉性能が向上。多少薄暗いシーンや、動き回る被写体に対しても、迷わずテキパキと合焦することには感動さえ覚えた。さらに、撮る瞬間のレリーズタイムラグやファインダー像の消失時間、撮影直後のシャッターチャージなども非常に高速で、1回1回のシャッターがとても気持ち良く感じられる。
操作性に関しては、従来機に比べてダイヤルやボタンの数が増え、各種機能へのアクセス性が向上。同社ミラーレスでは初めてチルト可動液晶を搭載したことや、タッチパネルに対応したことも使い勝手を高めるうれしい進化だ。小型軽量を優先するため、EVFが外付になったことと、記録メディアがmicroSDに変わったことについては評価が分かれるだろう。
機能面では、高速連写や多彩なマニュアル機能を備えるほか、動画関連の機能が豊富なことが特長になっている。高機能なミラーレスとして、凝った撮影を快適なレスポンスで楽しみたい人におすすめだ。

■『Nikon 1 V3』をおすすめな人は??
動体撮影に最適な圧倒的な速度画欲しい人
クラストップ級の連写性能とストレスのないAF性能、快適なレリーズタイムラグをいかし、動きのある被写体を撮るのに最適なカメラ。スポーツや乗り物、ポートレートのほか。ペットや子どもの撮影にも打って付け。また、マウントアダプタを購入すれば、ニコンの一眼レフを所有している人にとってのサブカメラとしても活躍する。

ニコン
Nikon 1 V3

[標準パワーズームレンズキット]実勢価格:9万9900円
[プレミアムキット]実勢価格:13万5000円
[ボディのみ]実勢価格:9万170円
サイズ:W110.9×H65×D33.2㎜ 重量:324g 撮像素子:1.0型CMOS 有効画素数:1839万画素 液晶モニタ:3.0型液晶(約104万ドット) ファインダー(EVF):別売 レンズマウント:ニコン1マウント 手ぶれ補正機構:なし シャッター速度:1/16000~30秒 ISO感度:160~12800相当(拡張含む) 動画記録形式:MPEG-4 AVC(1920×1080/60pまで) 記録メディア:microSDメモリーカード(SDXC対応)

文・作例/永山昌克 撮影/江藤義典