布団専用掃除機『レイコップ』買いました。

シロモノ家電担当でもなんでもないワタクシですが、先月の「ルンバ」に続いて、ふとんクリーナー『レイコップRS』を買いました。

隣の部署の20代女子が、そんなにお金がないはずなのに(失礼)コレを買っていたので、気になって調べてたらなんだか欲しくなりまして。
一説によると、ダイソンがあればふとんのダニもギュイーンと吸えちゃうらしいのですが、こないだ「ルンバ」を買って、さらにダイソンのハンディクリーナーも買えるほどブルジョワではないので。

というわけで、ヨドバシ.comでポチッとして、翌日到着。
blog20140605_01

本体裏面。
blog20140605_02
写真下部の丸みのある台形部2つが毎分4000回上下して布団を叩き、その上の回転ブラシから吸引。さらにその上部が紫外線を照射するとのこと。

早速ベッドでやってみました。
blog20140605_03
説明書にあった掃除法よりもじっくり上下往復を。
なにせ男の独り暮らし。
●年間、ベッド掃除をしてこなかったので(●部はムダな自意識)。
年季の入ったマットレスと、その上の置いていた低反発マットの表裏をしっかりじっくりと。
電源コードが邪魔だという声も聞きましたが、個人的にあまり気になりませんでした。

汗かきながらの成果がコチラ。
blog20140605_04

前述の隣の部署の女子にこの写真を見せたら爆笑してましたが、その子の成果とはレベルが違ったようで、数センチ会話の距離が開いたのも気付いてます。

あまりにわかりやすい成果に調子を良くして、これまた●年連れ添ったソファにも挑戦。
blog20140605_05

さらにカバーも外して……。
blog20140605_06

ソファー購入以来の掃除の成果がこちら。
blog20140605_07

やりました。
大漁です。
初めて毛穴スッキリ鼻パックをやった時と同様の達成感。

ベッドとソファを合わせて2時間強。
相当気合入れて掃除しました。
本体重量が2.3kgあるので、かなり体力を消耗しました。
特に掛けふとんは、しっかり押さえておかないと吸引力に負けて引っ張られてしまうので、結構ハードな作業でした。
まあ、マメにこれを使っていれば、そこまで気合を入れずとも効果はあるそうです。

気合を入れ過ぎ、本体を持ってベッドとソファの側面に使ったりしたせいで次の日は全身が筋肉痛でしたが、これで夏でもないのに虫刺されの跡ができたりすることが減るのかと思うと、「ドンと来いっ、梅雨!」と誰もいないリビングで一人浮かれるのでした。