PS4ゲームレビュー/inFAMOUS Second Son(前編)

review20140616_1

『インファマス セカンドサン』は、新ハードの真の性能を実感できるPS4専用タイトルのひとつ。高精細かつ豊かな色彩で描かれたシアトルで展開する、スーパーパワーを手にした者たちの歓喜と葛藤の物語を体感してみた!
review20140616_main
■概要
スーパーパワーを手にしたその男
神となるか、悪魔となるか

どこの街にもいそうなワルガキが、ある日強大な超能力を手に入れたなら。同時に、力を手に入れたことが理由で、当局に追われることになってしまったら。

彼はその力をどのように使うのか。力を使ううちに、彼の心はどう変化していくのか。そして本人だけでなく、周囲の親しい人々の運命はどうなるのか──?

『インファマス セカンドサン』は、アメコミチックなヒーロー譚を自分の手でプレイできる、オープンワールドタイプのアクションアドベンチャー。
主人公デルシンは突如として能力者(作中ではコンジットと呼ばれる)として目覚めてしまう。そして故郷の仲間を救うため、コンジットを取り締まる統一保護局(D.U.P.)と戦うことになる。彼にとっての味方は兄のレジーと、同じコンジットの女性・フェッチのみ。

デルシンはコンジットを迫害する社会に復讐を開始するのか。それとも力を持たぬ人々をD.U.P.の支配から守るために戦うのか。それはプレイヤーである、あなたの胸三寸で決まるのである。

review20140616_2 review20140616_3

……というわけで冒頭でも書いた通り、本作の雰囲気はアメコミ原作のハリウッド映画に近い感じ。だが映像作品と決定的に違う点は、主人公デルシンの行動や、それに伴うドラマがプレイヤーの手に委ねられているところ。理想的なヒーローとして破壊や殺戮は最低限に留めるのもいいし、非情のダークヒーローとなって多少の巻き添えは気にしない(!)遊び方をするのも面白い。

また、善悪どちらのカルマを貯めるかによって、習得できるスーパーパワーに差が出てくるのもポイント。本作のストーリー、そしてデルシンが秘めている能力は、一度のプレイだけでは楽しみつくせない。
ちなみに筆者は、初回のプレイは圧倒的なパワーを振るい(パワーに溺れ?)、ダークヒーローとして暴れまくっている次第。D.U.P.隊員だけでなく、市民にとっても恐怖の的だ!

review20140616_4 review20140616_5

review20140616_6 review20140616_7
▲戦いに巻き込まれた市民を救うか否か。降伏した敵の命を助けるか、それとも奪うか。街にどんなアートを描くか。さまざまな行動によって、デルシンのカルマは善か悪のどちらかに傾いていく。またストーリー上で行動を選択したときもカルマに影響する。

review20140616_8 review20140616_9
▲神々しさすら帯びるヒーローとなるのか、それともあえて己の力を暴走させるのか。善悪すべての技を習得することはできないので、どちらかの道を徹底するのがオススメだ。

■スーパーパワー
さまざまな能力を組み合わせて
いかに美しく倒すか

ストーリーを進めていくうちに、デルシンは数系統の能力(スモーク、ネオン、ビデオなど)を習得していく。スモークは煙突や焚火、炎上する車などから、ネオンならネオン看板からパワーを吸収することで使用可能になる(いわゆるアニミズム的なニュアンス)。ただし、スモークを吸収した時はスモーク系の能力しか使うことができず、ネオン系の能力を同時に使うことはできない。場面にあった能力系統をセレクトすることもゲームを楽しむためのコツだ。

●スモーク

スモークは熱や爆発を操る能力系統。ショットガンのように使える「スモークウェーブ」や、車両やヘリを攻撃するのに便利な「スモークミサイル」など、戦闘で使い勝手の良い能力が揃っている。大軍を相手にするときはこれが間違いないだろう。
review20140616_10 review20140616_11

●ネオン

ネオンは高速移動や狙撃を行える系統。敵の頭や足を狙い、一撃で倒せるようになる「レーザービジョン」や、強力なチャージショット「ルミナスビーム」が役に立つ。建物の壁を駆けのぼることもできるので、ある程度地形を無視して突き進むことも可能。ただし、滞空して移動する能力はスモークのほうが上。
review20140616_12 review20140616_13

スモークウェーブやルミナスビームなどの能力は、単体で使っても力を発揮するが、他と組み合わせて使うことでさらにスピーディかつ爽快なプレイを楽しめる。

■まとめ
余裕の性能が下支えする
コンピュータ・エンタテインメント!

以上のようなド派手なアクションを、広大な舞台で、かつストレスなく楽しめる本作。「新ハードの力を実感するには、オープンワールドタイプのゲームが最適」……というのは筆者の持論だが、まさに本作は『PS4』の性能をしっかり感じさせてくれる1本だ。シアトルの街並みの美しい描写。デルシンがスーパーパワーを使ったときの美しいエフェクト(特にネオン系の能力のビジュアルは一見の価値あり)。また、派手な爆発等が起こっても、描画がしっかり安定しているのもすばらしい。

ビジュアルやシステムは先端的だが、ストーリーは肩ひじ張らず気軽に楽しめるものになっているのも良いところ。個人的には無茶な弟デルシンと、しっかり者の兄のレジーの会話がけっこう気に入っていて、これを聞くことが先に進む目的のひとつになっている。この原稿を書き終わったら、さっそくプレイを再開してラストまで楽しんでみるつもりだ。

次回はゲーム後半に登場する能力を使った楽しみ方や、遊び込んだ上で見えてきた魅力についてお伝えする予定。できれば善のカルマを積んだ場合のストーリーもチェックしたいところだ。

inFAMOUS Second Son
review20140616_pake
●ハード:PlayStation 4
●発売日:発売中(5月22日発売)
●価格:7452円(パッケージ版)/6372円(DL版)
●ジャンル:アクション・アドベンチャー
●プレイ人数:1人
●メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント

公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/infamous/ss/entrance.html

©2014 Sony Computer Entertainment America LLC. inFAMOUS Second Son is a trademark of Sony Computer Entertainment America LLC.©Developed by Sucker Punch Productions LLC. The Space Needle is a registered trademark of Space Needle LLC and is used under license.

文/高橋祐介