薄っ! 軽っ! 速っ! なモバイルルータ『Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11』を使ってみた

UQコミュニケーションズから6月20日に発売されたモバイルWi-Fiルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11』。下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」に対応し、本体の厚さが8.2mm、重量が81gとコンパクトなのが特長となる製品です。
今回は発売と同時に入手して1週間程度使ってみたので、その使用感をレポートしたいと思います。

blolg20140630_ph01
▲『Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11』

まず、何と言ってもこのサイズ感が最大のポイントです。しかも、これだけ小型なのに連続通信時間はWiMAXで最大10.5時間、WiMAX 2+で最大7時間と、バッテリーが長持ちするのも魅力ですね。
また、最大433MbpsのIEEE 802.11acと5GHz帯の無線LANに対応する点も見逃せません。最近では、PCだけでなくスマホやタブレットでもIEEE 802.11ac対応の機種が増えてきているので、混線が少ない周波数帯を使えるのは嬉しいですね。ただし、注意しなければならないのは、これら5GHz帯の無線LANは電波法により室内での利用のみに限られていること。なので屋外では利用しないようにしましょう。

blolg20140630_ph02 blolg20140630_ph03
▲手で持ってみたところ。クレジットカードを一回り大きくしたくらいのサイズ感です。

blolg20140630_ph04 blolg20140630_ph05
▲基本的な操作は本体のディスプレイと2つのボタンで行なえる。ボタン数が少ないので、1つのボタンで長押しと通常押しを使い分けて「決定」「選択」をする必要があるなど、少し操作に戸惑うかもしれない。ただ、そこまで頻繁に設定を変更するものでもないため、あまり問題はなさそうだ。

そのほかの特長として挙げられるのは、スマホ向けアプリが用意されておりほぼ全ての操作をアプリ上でできること。『Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11』には、非利用時にバッテリーを長持ちさせる「休止モード」が用意されており、アプリ上からこのモードへと移行させることができちゃいます。また、「休止モード」からの復帰もアプリ上から行なえるのでかなり便利ですよ。Android版のアプリで試してみましたが、この「休止モード」を上手く使えば1日くらいなら充電することなく利用できそうでした。
ちなみに、まだiOS版のアプリは公開されてませんが、旧機種ではできなかった復帰が本機種ではできるようになるそうです。

blolg20140630_ph06 blolg20140630_ph07
▲シンプルなインターフェイスですが、十分な使い勝手。ほぼ全ての操作がアプリ上で行なえます。

気になる通信速度ですが、「WiMAX 2+」ならかなり速いです。色々な場所で使ってみましたが、「WiMAX 2+」での接続時ならほとんどの場所で15Mbps以上出ており、場所によっては50Mbpsを超えていたケースもありました。
速度は落ちますが、電波状況に応じて自動で「WiMAX」も併用してくれるので、利用可能エリアもまずまずと言ったところ。「WiMAX」ならデータ通信量に制限がないですし、「WiMAX 2+」のエリアも拡大してきているので、タブレットなどの通信手段に良いかもしれないですね!

blolg20140630_ph08
▲新宿で速度を計測してみたところ、約33Mbpsも出ていました。(「WiMAX 2+」接続時)