“総額1500万円以上の音”を無料で体験! ハーマン初の直営店がミッドタウンにオープン

本日15時に、ハーマンインターナショナルが国内初の直営店「HARMAN store」を
東京は六本木「東京ミッドタウン」の3Fにグランドオープンしました。
実際取材に行ってみたので、「HARMAN store」の魅力的なポイントを紹介していきます。

blolg20140718_1

blolg20140718_2

ポイント1【エントリー~ハイブランドを凝縮しつつ、ライト層も楽しい設計】

ショップではJBL、AKG、harman/kardon、Mark Levinsonの4ブランドを扱っています。
最近それこそJBLなんかは、一般エントリー向けの製品を出していますが元来はスピーカーの高級&老舗ブランド! Mark Levinsonは言わずもがな、AKG、harman/kardonも同様のハイブランドです。

そのような質の高いオーディオ好きな層が涎ものの逸品を揃えつつも、
入り口付近の通りがかりの人がふと目に入りそうなところには、JBL、harman/kardonのBluetoothオーディオなどの比較的求めやすい価格帯の製品が陳列されています。

正直、これは「ニクイなぁ~~」と。
例えばharman/kardon製品は、とてもオシャレな高級品が多いですが、JBLのカジェアルなラインナップと同じフロアになると、その高級感が一層際立って見えるんですよね。
それは逆も然りで、harman/kardonのシックさがあるから、JBLのカジュアルさが際立つんですよね~。

blolg20140718_3

blolg20140718_4

blolg20140718_5

blolg20140718_6

ポイント2【AKG、充実のヘッドホン棚】

AKGが誇る充実のヘッドホンラインナップは、壁一面にずらーーっと並べられています。
これだけの数が一斉に並ぶのは、なかなかの圧巻です。

AKGのヘッドホンこそ上を見たらプロフェッショナルなモデルがたくさんあります。
それこそ発売されたばかりの『K812』(実勢価格:17万640円)などをトップに、幅広い製品が並んでいます。
これもポイント1と同様で、トップエンドのプロフェッショナルモデルは買えないけど、だんだん視聴していったら「あれ、これ5万円で全然安いじゃん」みたいな風に思えてしまう感じ。
いや、それも十分高額で良いモノですから! 的なね。

blolg20140718_7

ポイント3【超高級なピュアオーディオが欲しくなる魅惑の試聴室】

もちろんハーマンブランドなので、超高級スピーカーやアンプもあります。

blolg20140718_8

「HARMAN store」には、それら超高級オーディオを試聴できる試聴室も用意。

blolg20140718_9

贅沢なことに、常設されているシステムは、

(スピーカー)
・JBL『Project EVEREST DD67000』実勢価格:324万円(1台)
・JBL『K2 S9900』実勢価格:199万8000円(1台)
(プリメインアンプ)
・Mark Levinson『No.52』実勢価格:356万4000円
(パワーアンプ)
・Mark Levinson『No.532』実勢価格:302万4000円
(CDプレイヤー)
・Mark Levinson『No.512』実勢価格:226万8000円

スピーカーをペアで考えたら、総額1500万円以上!!!
もちろん試聴は無料ですから!

実際今日試聴してきましたが、試聴室内は防音になっていて、
これだけのピュアオーディオ機器の実力を実感するには、申し分ない環境でした。
このシステムだと、もう聴いてくれと言うのが一番早いですが、私がCD音源を聴いた感想としては、CDから演奏者が出てきて目の前でライブ演奏をはじめたような……そんなリアリティでした! ハッキリ言って別次元です。

これだけの試聴室で聴いちゃうと、そりゃ欲しくなりますわ!
ヘッドホンなどのポータブルオーディオ主体のライト層に、良いスピーカーで聴くことの素晴らしさに触れてほしい、という想いがあるようですが、その想い伝わりすぎですこのシステムじゃあ!

ぶっちゃけ言うと、これだけのシステムとなると、ハイレゾ音源だとかの音源の質で変わる音質なんて、小さい話だなぁ……と思ってしまうくらいの衝撃がありますよね。
もちろんハイレゾ音源での音質変化もすさまじいものがあるんですが、これはもうそんなレベルじゃないという意味で!

このポイントが一番強くて。ちょっと頑張って、スピーカーの一本でも良いモノを……とつい思ってしまうほど魅力的です、「HARMAN store」。
ちなみに、この試聴室は事前予約があれば、希望のオーディオでシステムを作って試聴させてくれるそうですよ。

あと、まだ発表前の参考出品モデルもありました!

JBL『Authentic L16/L8』

blolg20140718_10

blolg20140718_11
▲上が『L16』、下が『L8』

BT、AirPlay、DLNA対応のワイヤレススピーカーだそうです。
面白いのが『L16』が、MM/MC対応のフォノ端子を搭載している点(L8は非搭載)。アナログレコードプレイヤーとも繋げられるそうですよ。

blolg20140718_12 blolg20140718_13
▲天面はQi対応でワイヤレス充電が可能になる予定だとか。写真の状態にフタをして、その上にスマホなどを置くイメージです。機能満載ですな!

エントリーからハイエンドまでが気軽に触れる、新オーディオショップ「HARMAN store」。
明日休みだし、ぜひ足を運んでみてください~!

blolg20140718_14
▲テープカットを行なたのは、左から「HARMAN store」坪井店長、ハーマンインターナショナルの仲井社長、東京ミッドタウンマネジメントの豊藏部長でした。