会話するように検索可能なグーグル連携ナビ! クラリオンNX714

review20140723_1

グーグルとの連携で「Google 音声検索」や「Google Place」の技術を活用し、クラウド型の音声検索「Intelligent VOICE」を実用化したクラリオンの最上位モデルがモデルチェンジ。ハード面ではデザインを一新し、音声検索を呼び出すためのボタンを新たに装備した。
ソフト面でのバージョンアップも行なわれ、カーナビと会話をするように目的地を絞り込んで行ける機能にも対応。レストランなどをジャンルや予算別に検索できるグルメ検索にも新たに対応している。こちらももちろん音声のみで検索が可能で、ハンドルを握ったまま検索から目的地の設定、案内の開始まで操作できる。

●注目の新機能をチェック

クルマでの使い勝手をさらに高めた新機能

グーグルとの連携で注目を集めた「Intelligent VOICE」が使い勝手をさらに高めてバージョンアップ。対話形式で目的地を絞り込める新機能や、「ぐるなび」「ホットペッパーグルメ」などの情報と連動したグルメ検索機能などが新たに追加された。検索結果の表示も距離順で表示されるようになるなど車内での使い勝手が向上。検索エリアも現在地や目的地、ルートの周辺などから選んで設定することが可能となった。

対話で目的地を検索できるように

4番目に行く
review20140723_9

近くのコンビニ
review20140723_10

検索だけでなく、検索結果の絞り込みや目的地への設定も音声でできるように。ハンドルを握ったまま操作できるので、ドライブ中に寄りたい場所を検索する際には便利だ。

絞込もできるグルメ検索に対応

お腹が空いた
review20140723_11

和食
review20140723_12

2000円
review20140723_13
新たにグルメに特化した検索メニューにも対応。好きなジャンルや予算、駐車場の有無などの条件を音声で追加して絞り込むことができる。

●NX714の独自性

クラウドを活用したアプリ機能にも対応

音声検索だけでなく、車内で使えるアプリなどもクラウド上にデータを持つ形で展開。ダウンロードやアップロードに時間を取られることなくカーナビでドライブに役立つアプリを活用できる。スマホアプリをナビ画面で使う機能にも対応。スマホのようなフリック、ドラッグ操作ができるのも快適だ。

スマホを介して車内でアプリが使える
review20140723_14

review20140723_15
同社のクラウドサービス名である「Smart Access」のメニューから、車内で使えるアプリを起動可能。ニュースや天気予報、駐車場満空などの情報を見られる。

フリック操作も可能なUIを採用
review20140723_16

review20140723_17
地図のスクロールはフリックやドラッグの操作でも行なうことができる。通常のナビと同様のタッチした位置が中心になるスクロール操作も使うことができる。

●結論

カーナビの正確な自車位置表示やわかりやすいルート案内など専用機ならではの強みを感じながら、やや不満に思う点は目的地を探す際の検索性だ。タッチパネルの文字入力や正確な地名や施設名を入力しなければならない部分は、スマホの使用感に慣れた身にはやや面倒に感じることもあった。クラリオンのクラウドを活用した音声検索「Intelligent VOICE」機能はその点を補ってくれるカーナビにとっては大きな進化だったと言える。
音声のみで目的地検索ができるのは、ハンドルから手を離したくない車内では利用価値が大きいし、グーグルの技術とデータを活用することで、あいまいな言葉でも探したい場所の情報にたどり着けるのは便利の一言。スマホの検索性を音声で使えるという、パワーアップさせた形でカーナビで利用できるようになったという印象だ。
ただし、初期の「Intelligent VOICE」には不満もないわけではなかった。まず、検索結果の表示が「Google Place」のロジックが優先されていたためか、必ずしも現在地から近い場所が上位に表示されるわけではなかった。ドライブ中に近くのコンビニやファミレスなどを探す際には表示される現在地からの距離を見て、どこが一番近いのかを判断する必要があった。だが今回のバージョンアップでその不満は一掃された。
検索結果は距離の近い順で表示されるようになり、現在地の周辺や目的地の周辺、それにルートの周辺など基準となるエリアも任意で設定できるようにされている。ガソリンスタンドなどを探す際にも、今すぐ行きたいのか、目的地に着いてから行きたいのかなど状況に合わせてエリアを選ぶことができる。
検索結果を音声で絞り込むことができるようになったのも非常に便利。目的地に設定して案内を開始するところまで音声でできるので、ハンドルから手を離さずに操作することができる。また、新たに追加されたグルメ検索機能ではジャンルや予算に合わせて結果を絞り込める。
カーナビ専用機の使いやすさとスマホの検索性を併せ持ちさらに車内での使い勝手を増した注目のナビだ。

●NX714はこんな人におすすめ

カーナビとスマホの便利さを知る人に

カーナビとしての正確性や充実の案内表示などを保持したまま、スマホ並みの検索に対応した点がすばらしい。その検索機能を音声で利用でき、その認識精度も抜群。特に今回のブラッシュアップでドライブでの検索機能としては完成の域に達している。カーナビの機能の高さとスマホの便利さ、その両方を知る人にこそ使って欲しいモデルだ。

クラリオン
NX714

実勢価格:11万8000円

設置形式:2DIN一体型タイプ NAVIメディア:16GBメモリ モニタサイズ:7V型WVGA 主な再生メディア:DVD、CD、USB、Bluetoothオーディオ、SDカード、iPod/iPhone、Android、FM/AM 地デジ対応:フルセグ(12セグ&ワンセグ)

文/増谷茂樹 撮影/松川忍