サムスンの腕時計型デバイス『GEAR Live』を使ってみた!

今月の頭に発売された「Android Wear」搭載の腕時計型のデバイス『GEAR Live』をうっかり買ってしまいました。メインのスマホはiPhoneなのに……。ともあれ、しばらく使ってみたので、レポートしてみたいと思います。

blog20140729_01

そもそも「Android Wear」とは、Android搭載のスマートフォンと連携して利用するウエアラブル端末向けのプラットフォームのこと。腕時計型のデバイスが登場し始めていて注目度が高まっています。ちなみに、Android 4.3以上のスマートフォンやタブレットが必須で、単体では全く機能しません

で、『GEAR Live』でできる主なことは、「現在地の天気を表示」「カレンダーの予定を表示」「TwitterやFacebookなど、Android端末の通知領域の内容を表示」「メールやハングアウトの閲覧、ボイスコントロールによる送受信」「Google Nowなどの音声操作」と言ったところです。ほかにも対応アプリを追加すれば機能を追加することもできます。
できることは多いのですが、基本的には「スマホやタブレットの情報を通知してくれる端末」という感じ。カバンやポケットからいちいちスマホやタブレットを出さなくていいのがメリットですね。

blog20140729_02blog20140729_03
▲『GEAR Live』は心拍数の計測が可能。歩数計機能なども備えている。

blog20140729_04
▲Google Nowの情報が表示されるだけでなく、メールチェックもできちゃいます。音声入力が可能なので、メールの返信も可能。(ただ、腕時計に話しかける格好になるので、長文は厳しい&外だと不思議な人になりそうです)

まだ使い始めて間もないのですが、結構気になる点があったので、以下に列挙してみます。

・バッテリーが持たない
1日使うとほぼ空になるので毎日充電が必要。

・音声操作が多少不便
外出先で人が多い場所などだと少々恥ずかしい。

・腕時計としては少し大きい

blog20140729_05
▲腕時計は付ける派なので腕時計を付けること自体に違和感はないですが、普段使っている腕時計と比較すると少しでかいです。

まだまだ発展途上という印象ですが、思っていたよりも便利です。特にファブレットなど、大きめの端末を使っている人は「Android Wear」を使ってみると幸せになれるかもしれませんよ!