ラブライバー歓喜の『Astell&Kern AK10ラブライブ!エディション』でハイレゾ音源を聴いたらすさまじかった件

ハイレゾ音源で「アニソン」が一大人気ジャンルだというのは、知っている人は知っているはず。
先日、e-onkyo musicが新たに「ラブライブ!」音源を5曲配信してから、e-onkyoのシングル曲ランキングはこの状況。

blog20140731_1
▲これ全部「ラブライブ!」関連曲です。これはやばすぎ!!!!

このランキング結果はアニメ「ラブライブ!」の影響も大きいと思いますが、ハイレゾにおけるアニソンの力がどれほどのものかが良くわかる結果です。
前から思っていましたが、「ハイレゾを楽しみたい」層と「アニソン好き」層は完全にかぶってるんですね~。興味深い。

さて、今回はそんな2つの層にジャストマッチするハード製品を紹介。

アイリバー『Astell&Kern AK10ラブライブ!エディション』
実勢価格:3万980円 完全受注生産(9月発送予定)
blog20140731_2

アイリバー『Astell&Kern AK10』というポータブルヘッドホンアンプ。その「ラブライブ!」コラボモデルです!「ラブライブ!」の主人公たち、μ’sのメンバーカラー分のバリエーションが円形ダイヤルに施されています。
これは「ラブライブ!」ファン……もといラブライバーは絶対に手に入れたい製品でしょう!

もちろんカラーリングだけじゃなく外箱も完全「ラブライブ!」仕様。
blog20140731_3blog20140731_4

ひと足早く実機が手に入ったので、早速中身を開けてみるとキャリングケースやら細かなところにも
「ラブライブ!」、「μ’s」の刻印が入っています。

blog20140731_5
▲僭越ながら「のんたん」こと、東條希モデルをチョイスさせて頂きました。

外観だけじゃもったいないんで、「ラブライブ!」1期op『僕らは今のなかで』の96kHz/24bit音源を聴いちゃいました。

μ’s『僕らは今のなかで』
価格:411円(FLAC/WAV:96kHz/24bit) Lantis

blog20140731_6

『AK10』のメリットは、何と言ってもiOS端末とデジタル接続できること。
同梱のLightningケーブルをつなげるだけで、96kHz/24bitまでの音源をアナログ信号に変換しない……つまり音質劣化せずに再生できます。

接続イメージはこんな感じ。
blog20140731_7

あとはiPhoneにハイレゾ音源を入れて、『ONKYO HF Player』などのアプリで再生すればOK。
blog20140731_8

iPhoneとダイレクト接続と聴き比べてみましたが、全体的にクリアさと響きが増すのはもちろんですが、演奏とボーカルの分離感も顕著に増しました!
以前は、アニソンまたボーカルが何重にも重ねられてるアイドルソングをハイレゾで聴いてもたいしたことないだろうと思っていましたが、こういうしっかりしたヘッドホンアンプで聴くことで、
歌声に没頭できる音作りを得られるんだな、と気付かされますね。

この『Astell&Kern AK10ラブライブ!エディション』、すでに予約は開始しています。まだ予約していない人は、すぐに予約しましょー!

Lantis公式OFFICIAL WEB SHOP
L-MART

プレミアムバンダイ