専用系と独立系、健康系ウエアラブルを全部試してみた

新製品が続々登場して、にわかに活気を帯びつつあるウエアラブル端末。そろそろ1つ欲しくなってきたのでは? しかしその形状から性能まで推し量るのは難しい。そこで注目製品を全部試してみることに。

今回試した8機種は、連携先の端末が選びやすい独立系と、利用環境に制限のあるキャリアの専用系に大別される。専用系は端末に縛りがあるが、測定データが多く、ビギナーに手厚い。一方、外国産勢を中心とした独立系は、デバイスの作りがハードで、アプリもやや派手め。アラートも多く、活動の後押しが巧みだ。

どれを選ぶかは、それまでの運動習慣の有無を中心に、装着方法や所有している端末、連係先のOSを踏まえて考えるといいだろう。それから健康意識を高めたいなら、アプリが見やすく、アドバイスが多めの製品を選ぶと続けやすい。

ところで、活動量と言われても、まだピンと来ない人もいるかもしれない。「年配の人が使うものじゃないの」なんて思うなかれ。実際使ってみると「全然歩いてなかった」「夜中に頻繁に目覚めていた」ということに気付き、それまでの不調の理由を考え始める例は多いのだ。

それもこれも、今の自分を24時間可視化してくれる健康系のウエアラブルバンドが貴重な情報源になっているのである。

news20140805_01
●ソフトバンク『Fitbit Flex』(実勢価格=1万5293円/2年契約)
トラッカー、バンド、留め具で構成。バンドは2種類同梱されるので、サイズへの不安はない。軽くしなやかで、手首への負担は感じないが留め具はやや固い。ボタンは一切なく、操作はタップのみ。LEDの数でモードや達成率を確認できる

news20140805_02
●ドコモ・ヘルスケア『ムーヴバンド2』(実勢価格=7380円)
ボタンが押しやすくなるなど、初代の問題点をことごとく改良した2代目。駆動時間も延び、振動による目覚まし機能も追加され、目覚めやすいタイミングで起床できる。着け心地は軽くてソフト。サイドボタンの長押しで活動/睡眠モードを簡単に切り替えられる

news20140805_03
●ソニーモバイルコミュニケーションズ『SmartBand SWR10』(実勢価格=9650円)
Xperiaと一緒に持つことで、歩数や消費カロリー、睡眠サイクルといった活動量に加え、その時間の天候、移動ルート、訪問先まで24時間記録。ボタンを2回押すとタイムライン上にブックマークを追加できる。人生管理に近い機能を搭載しているところも新しい

news20140805_04
●Jawbone『UP24 by Jawbone』(実勢価格=1万6840円)
太陽と月を模したLEDを持つだけのシンプルなデザイン。バンドの先端がボタンになっており操作しやすい作り。目覚ましを始めとした豊富な通知機能も魅力。過去のデータを生かした細かいアドバイスで、生活改善も目指すことができる

news20140805_05
●GARMIN『GARMIN Vivofit』(実勢価格=1万6500円)
バッテリー駆動時間1年、50m防水、データ保持1カ月以上というタフネス性を搭載。画面横のボタン押すと日付、歩数、ゴール、距離、消費カロリーを順に表示できる。座りっぱなしが続くと赤いムーブバーが現われて、活動を促してくれる

news20140805_06
●ポラール『Loop』(実勢価格=1万2310円)
水泳もOKな20m防水。バンドは最初にカットする仕様で、あとから長さ調整はできないが、安定した装着感で激しい運動にも耐える。ボタンをタップすると赤いLEDが活動量、カロリー、歩数、時間を表示できる。設定にPCが必須だ

news20140805_07
●ナイキ『NIKE+FUELBAND SE』(実勢価格=1万2960円)
カラーLEDが賑やかに光るディスプレイを搭載し、ボタンを1回押すごとに表示が変化する。時刻も表示できるため腕時計代わりとしても使える。睡眠は時間と体動を記録。ただし、初期設定はPCからの登録が必要だ

news20140805_08
●オムロン『HJA-700T Active Shift EDGE』(実勢価格=8370円)
コンパクトなクリップ型を採用。リストバンドが苦手な場合やあまり目立たせたくない時に重宝できる。自動算出された目標値を目指して活動するだけなので、アプリ側も特に入力は不要。機器登録には『iPhone 4S』以降が必須

これまで漠然と過ごしていた日々の運動量や睡眠時間が可視化されることで、運動不足や睡眠不足が否応なしにつきつけられる。ただ、自分でこれらに気付くことはできなかったので、長い目でみると、運動不足の解消、健康管理、それらが病気の予防へとつながるかも。

8大健康系ウエアラブルバンドの仕様&できること比較(クリックで拡大します)
8大健康系ウエアラブルバンドの仕様&できること比較(クリックで拡大します)