本当にそれでいいの? 安くなる携帯料金プランの選び方。

20140805_06

NTTドコモ、au、ソフトバンクの通話定額プランが勢揃いし、“どれが本当に得なのか?”が気になっている人が多いだろう。
とは言うものの、電話かけ放題になった分、「データ通信」のプランをどれにしたらいいか分からず、プラン変更に二の足を踏んでしまっている人も多いのではないだろうか。

SIMフリーやMVNOといった格安スマホ&格安SIMが注目され、何が一体安くてお得なのかを検証する中で、すごく当たり前だが気が付いたことが1つ。

それは、そもそも
“自分が1ヵ月にどれだけデータ通信を使っているか”
ということ。

自分に合ったプランは、自分の使い方を知って初めて選べるのだ。

20140805_01
例えば、auの新料金プランは、データ通信が細かく2/3/5/8/10/13GBと細かくわかれており、この範囲内では高速データ通信が利用できる。さらにWebでは簡単な4つのアンケートに答えるとオススメのプランを教えてくれるWeb診断もできる。

20140805_02
でも、一番正確でわかりやすいのは各キャリアの個人サポート(My docomoなど)から過去の自分の使用量を確認することだ。
auの場合「auお客さまサポート」より「確認する」で見ることができる。
20140805_03
節約すると言って、自分の見たいものを見なかったり、使いたい時に使わないというのはスマホの意味がなくなるので、Wi-FiをONにして、動画を見る環境さえWi-Fi下にすれば実は料金はかなり安くなる。
20140805_04
自分は仕事柄普段はメール、Web閲覧、SNSなどをメインにそれぞれを適度に利用し、動画も結構見る方。でも、今まで自分の使用量は気にしていなかったので、8GBでも少ないとばかり思っていた。
そこで、Wi-Fiで見るように気をつけていたところ、意外や意外2GBも使っていなかった。
20140805_05
これは、自宅、社内、auの公衆無線LANを利用することで、4G/LTEでの利用がそこまで多くなくなるからである。
これを踏まえると、一番下のプランでもまかなえることがわかった。(月3000円も安くなる!)

これはあくまで、先の4G/LTE下で動画をあまり見ない(Wi-Fiで見る)、テザリングを多用をしないことを前提とした使い方なので、どこでも動画を快適に見たい! という人はもちろん全然プランが変わってくるので注意。

節約してスマホを使わないのではなく、使う場所を考え、自分のデータ使用量を見直すだけで実は大きく節約へと結びつく。
まずは一度確認してみては、いかが?