スマホ“直取り込み”外付ドライブがまた出た!『CDレコ Wi-Fi』 5つのすごいとこ

スマホとUSBケーブルでつないで、音楽CDを直接取り込める外付ドライブ『CDレコ』。
4月の第一報以来、他社からも同等機能の製品も出たりしつつ話題を呼んだ製品です。

この『CDレコ』に、上位機種として『CDレコ Wi-Fi』が新登場することが本日発表されました!

blog20140806_01

パソコン不要!スマホに音楽CDを直接取り込める「CDレコ」にiPhone、Android両対応モデル登場! | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/news/2014/newprod/cdri-w24ai.htm

この新モデルでは、初代『CDレコ』で要望の多かった機能をフル投入。
「光学外付ドライブ」というシーンでは久々に本気度の高さを感じる一品になってます。

『CDレコ Wi-Fi』のすごいところはざっくりと5つ。

1. PCレス!
PCを必要とせず、スマホ単独で音楽CDを取り込めること。
これは初代『CDレコ』も共通ですが、一番大事なポイントです。

2. ワイヤレス!

blog20140806_02

新モデル『CDレコ Wi-Fi』は、その名の通りWi-Fiに対応しました。
これによりドライブ本体とスマホとの接続にケーブルが不要に

しかも、「ケーブル直つなぎの方がわかりやすいよ!」という人のために、従来モデル同様AndroidスマホとのUSBケーブル接続もOKなのが良い感じ。

3. iPhone対応!

blog20140806_03

初代『CDレコ』はAndroid端末でしか使えませんでしたが、『CDレコ Wi-Fi』は待望のiOS端末対応
iPhoneとWi-Fi接続してCDが取り込めるようになりました!

4. ロスレス取り込み対応!
音楽CDの取り込みの際に、従来のAAC形式(96kbps~256kbps)に加え、さらに高音質の“320kbps”、“ロスレス圧縮形式”も選べるように。
音楽はスマホでも最高音質がイイよね!という人にうれしい進化ポイントですね。

5. CD-R焼き対応!
『CDレコ』を使ってスマホに取り込んだ曲は、アプリ内で管理ができます。
この、取り込み済みの曲が新たにCD-Rに焼けるようになりました。
リッピング&ライティングの両方ができるようになったので、より本格的にPCレスで音楽CDが楽しめますね。

ちなみに「ロスレス取り込み」、「CD-R焼き」の2つは
初代『CDレコ』の方でもアプリのアップデートで利用可能になってますよ~。

「CDレコ」のアプリをアップデート! 音楽CDの作成など様々な新機能をお楽しみいただけます! | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/news/2014/information/cdri-s24a-apps_open.htm

本日発表されたばかりの『CDレコ Wi-Fi』、発売は8月下旬とのことですが
8/25発売の次号デジモノステーションでさっそくレビューをお届けします。

根掘り葉掘り試しちゃおうと思うので、よろしくご期待ください!

アイ・オー・データ
CDレコ Wi-Fi CDRI-W24AI
予想実勢価格:1万800円  8月下旬発売予定

blog20140806_04blog20140806_05