理想の一人部屋が出来上がり?話題の「kakureya」を体験

『kakureya』は、デスク+キャスター付きのシートがセットになった極小スペースの「個室」。本当にワンルームを必要最低限サイズに凝縮していて、中には大小さまざまな収納が用意されている。シートを閉めるとネットカフェのような個室になり、一人で集中したい時やリラックスしたい時など外界から離れられる構造になっている。

フレスコ『kakureya』(実勢価格=79万8000円)。ちなみに外の「GNO」の文字は、「がんばれ日本のお父さん」の略
フレスコ『kakureya』(実勢価格=79万8000円)。ちなみに外の「GNO」の文字は、「がんばれ日本のお父さん」の略

人とワイワイするよりも一人遊びが好きなデジモノステーション編集部員・玉造が、開発者であるフレスコ社長の山本雅之さんに直撃してみた。

*     *     *

玉造 早速、『kakureya』に入って思ったんですが、印象としてはだいぶネットカフェに近いですね。

山本 実際、ネットカフェに行って、個室に入った時の感じなんかは自分で調査しました。そもそもこの『kakureya』は、私の友達で子供も良い年齢になってきて、「家の中に居場所がない……」なんて声を聞いたのがはじまりだったんですよ。企画開発からデザインまで私が担当しています。

玉造 デザインまで! じゃあこのサイズ感や設計も山本さんが決めたんですね。実際のお父さん世代より下でもグッときそうなサイバーなデザインですね。

山本 そのおかげか展示会では、女性も多く興味を持たれます。男性だと、モニタを3つくらい付けたいとか、細かい部分でいろいろご意見くださる方は多かったです。特にシートの全自動化(笑)

玉造 それ! この外観だったらやっぱりそこはおさえてほしいですよね~。個人的には、マッサージ機能のプラスと、あとシートがトイレになってほしい。

山本 トイレ!?(笑)それは、また夢がデカイですね……!

玉造 あと、室内の全家電を統合する『kakureya』用のスイッチアプリを作って、LEDの色を選んでムードを変えられたり、あと床暖房と壁にサーキュレーター埋め込んで……。

山本 完全にひきこもる気じゃないですか!(笑)一体いくらの製品になってしまうことやら……。もちろんそういう便利さも良いんですが、コンセプトとしては「一人になれる時間を一時つくる」というものなんで、完全にひきこもっちゃうのはマズイかな(笑)

玉造 えー、作りましょうよ、『komoriya』~。じゃあ今までユーザーからあった意見で多かったもの、またその中で絶対に実現したいものとかは、何か考えてますか?

山本 どちらも、やはり価格を安くすることですね。実は今、現価格の半額で成立する2号機を開発中です。2号機は、ユーザーのみなさんが求めるような、備品の追加や変更などの拡張性をしやすい設計、また収納の拡大などを検討しています。もっと購入に近付ける価格にして、それからトイレは検討するかも(笑)

玉造 えー! 約束ですよ? また取材きますから!

news20140815_02
●サイズ感
サイズ的には全然家の中に置けちゃうと思いますね。接地面積は1.5平米で、大きめの本棚2つ強くらい。

news20140815_03
●入出の仕方
キャスター付きシートをデスクまで引くだけで、シートが個室のフタ( 扉?)となり密室の完成です。出る時には少しふんばりをきかせながら、椅子を戻せば外に出られます。

news20140815_04
●安全性
側面に通気孔が設けられていて、中の様子が確認可能。また、天面にも中の様子が見られるマジックミラーが付いてます。

news20140815_05
●中に入るとどんな感じ?
体感的には、ネットカフェのリクライニングシート席が倍くらい広くなった感じ。照明を暗くすればOKですが、少し外の音が入ってきます。