ひげ剃りは深剃り派? 肌に優しい派? それとも…

シロモノ担当の滝田です。
唐突ですが、あなたはひげを剃るのに
シェーバー派ですか? それともカミソリ派ですか?

今回はそのどちらの人にもしっかりとドンズバな
電気シェーバーが発表されました。
それがフィリップスの「9000」シリーズ。

blog20140820_01

フィリップス
9000シリーズ
S9711/33
予想実勢価格:5万1800円 9月上旬発売予定

この「9000」シリーズ、一番の魅力は、これまでのシェーバーの常識を
技術力で完全に打ち破ったところ。

これまでのシェーバーというのは深剃りを優先してしまうと、
どうしても肌に負担を掛けなければならず
逆に肌への優しさを重視すると、
深剃りを多少犠牲にしなければならないものばかりでした。

ですが、この「9000」シリーズはその相反する特徴を両方とも実現したという
驚きのシェーバーなのです。

もともとフィリップスの回転刃というのは、肌への優しさに定評のある構造でした。
3つのシェービングヘッドが広い設置面積であらゆる方向に生えるヒゲを
いろいろな角度から効率良く剃っていくので、やさしく肌を擦るだけでも
肌に負担をかけることなく、どんどん剃れていくからです。
ただ、深剃りという点では、やや往復刃に劣るというのが一般的な印象でした。

blog20140820_02

そんな弱点を払拭するように、今回の「9000」シリーズは
かつてない深剃りを実現できる「ダブルVトラック刃」を採用しました。
ヒゲを捉える外刃とヒゲをカットする内刃をV字型に改良。
V字の外刃がヒゲを逃さず捉え、同じくV字型に加工した鋭い切れ味の内刃でヒゲをカットします。
外刃の厚みも改良し、従来製品に比べて最大30%深剃りを実現しました。

blog20140820_03

さらに、その大きな特徴である肌への優しさをもっと追求するため
新機能の「輪郭検知テクノロジー」も開発しました。
3つのシェービングヘッドが独立可動する従来のシステムに加え、
各ヘッドも浮き沈みすることで、合計8方向に可動するように。
これにより深剃りの実現をサポートするのはもちろん、密着度合いが高まることで
1ストロークでのシェービングパフォーマンスを、従来品より20%以上も向上。少ないストロークで剃り上げることができるようになりました。

blog20140820_04

しかも、ユーザーそれぞれの状態、例えばヒゲの濃さや、毛の太さ、肌の状態に合わせて、
3段階で回転数を設定することができる「パーソナルコンフォート設定」機能を
搭載したのもうれしいポイント。
ヒゲの密集した箇所を剃る際や、肌をいたわって剃りたい時など、
シーンに合わせて自分好みのシェービングカスタマイズが可能になります。

このように新機能を多数駆使してフルモデルチェンジを図った
回転刃採用のフィリップスのシェーバー「9000」シリーズ。

もともとユニークな構造なので、これまで電気シェーバーは苦手でカミソリしか使ってない
という人には、新しい感覚の電気シェーバーとして、快適な剃り心地を提供してくれるはず。

一方、元々往復刃を採用した一般的な電気シェーバー派である人にとっても、
より深剃りでより肌に優しい電気シェーバーは、一度使ってみる価値ありな逸品として
注目度が高まること間違いなしです!