フレームほぼなし! ソフバン&シャープが開発したグローバルスマホの魅力に迫る

画面周囲のフレームを極限まで狭めることを追求してきたシャープが、ついにひとつの“答え”に辿り着いた。今夏、ソフトバンクから発売される「AQUOS CRYSTAL」には、フレームがほぼない。そのため、本機を手にすると画面そのものを持っているような感覚で操作できる。

ソフトバンク/シャープ『AQUOS CRYSTAL』
ソフトバンク/シャープ『AQUOS CRYSTAL』

また、画面サイズは5型とやや大きめだが、同種のモデルと比べて幅が小さく設計されており、全体にコンパクトな印象を受ける。

音楽機能の充実ぶりも特筆しておきたい。本機には、オーディオブランド「harman/kardon」のスピーカーが同梱される。Bluetoothで接続することで、ワイヤレスで音楽を再生できる。

また、独自の音楽復元技術「Clari-Fi」にも対応。音楽データを圧縮することで失われた情報を復元し、音質を高める音楽好きにも、欠かせない機能になるだろう。

ワンセグや赤外線通信、おサイフケータイといった日本特有の機能には非対応だが、それを差し引いても余りある魅力を持つ本機。北米市場への進出にも積極的に取り組むソフトバンクの切り札になりそうだ。

news20140828_02
5.0型の大型画面を備えるが、コンパクトで持ちやすい。ディスプレイが本体のフチのぎりぎりのところまで迫っているのがわかる

news20140828_03
AQUOS CRYSTALとBluetoothで接続できるharman/kardon製のスピーカー。好みの音楽を本格的なサウンドで再生できる

news20140828_04
ワンセグやおサイフケータイにも対応した5.5型の兄弟機も12月に登場予定。ソフトバンク/シャープ『AQUOS CRYSTAL X』