レトロな外観は男心もくすぐる!? 全42種類のカラーパターンが楽しめる最新「PENTAX Q」

年に2度、春と秋にやってくる大型カメラ商戦。これから約3カ月に渡り、カメラメーカー各社から多彩な新製品が投入されることとなる。

今回、その幕開けを華麗に飾ったのが、リコー『PENTAX Q-S1』。現行レンズ交換式カメラの規格として最も小さな「Qマウント」を採用する、コンパクトカメラと見まごうばかりの小型サイズが特長の製品だ。

今回はそのルックスをクラシックカメラをモチーフとしたレトロ調のデザインに変更。見た目だけでなく、耐久性に優れた合皮製フロントシートやアルミ製ダイヤルなど、手触りにもこだわっている。従来は女性人気の高かった同シリーズだが、『Q-S1』は大人の男性カメラファンからも支持されるだろう。

そしてその上で、同社お得意のオーダーカラー受注サービスも展開。直販限定カラーも合わせると全42パターンから、自分好みのカラーリングを選べるようにした。

16_1
同社お得意の「オーダーカラー受注サービス」も展開。ボディ5色、フロントシート8色の組み合わせから、店頭販売される4色をのぞいた36色から選べる(納期2週間)

16_2
さらに、8月28日からは、リコーWeb直販サイトで特別カラーモデルも限定発売。なお直販価格はレンズキットで5万3600円と、店頭販売モデルと全く同じとなっている(左=メタルネイビー×クリーム、右=チェリーピンク×ペールピンク)

16_3
単焦点f=47mm相当の『01 STANDARD PRIME』レンズも全5色で展開(納期3週間)。本体カラーに合わせたものを選べるようにしている

リコー『PENTAX Q-S1』([ズームレンズキット]実勢価格=5万3600円/[ダブルズームキット]実勢価格=7万5200円/[ボディのみ]実勢価格=4万2800円)
リコー『PENTAX Q-S1』([ズームレンズキット]実勢価格=5万3600円/[ダブルズームキット]実勢価格=7万5200円/[ボディのみ]実勢価格=4万2800円)