1台で“高画質”で“望遠”も“4K撮影”ができるLUMIX! パナソニック『FZ1000』

review20140911_01
パナソニックは、今年4月に4K対応のミラーレスカメラ『DMC-GH4』を、5月には4K対応のウエアラブルカメラ『HX-A500』をそれぞれ発売した。どちらも気軽に4K動画が楽しめるカメラとして、動画撮影の愛好家層を中心に好評を得ている。そして、さらに広いユーザー層を取り込むべく投入された4K対応カメラが今回紹介する『LUMIX DMC-FZ1000』である。
製品としての位置付けは、高倍率ズームを搭載したレンズ一体型カメラ「FZ」シリーズの最上位モデルだ。これまでの最上位モデル『DMC-FZ200』と比較した場合、センサーサイズは1/2.3型から1型へと約4倍に大型化している。

■基本機能をチェック
review20140911_02
シリーズ初の1.0型センサー

撮像素子には1型の有効2000万画素MOSセンサーを搭載。従来機『DMC-FZ200』に比べて約4倍の面積を誇り、画素サイズは2.4倍に拡大している。

review20140911_03
大口径光学16倍ズームレンズ

レンズは「LEICA DC VARIO-ELMARIT」ブランドの光学16倍ズームを採用。レンズ構成は非球面レンズ5枚とEDレンズ4枚を含む11群15枚だ。

review20140911_04a review20140911_04b review20140911_04c
従来モデルからの操作性を継承

多彩な撮影モードが選べるモードダイヤルや、設定値をダイレクトに調整できる電子ダイヤル、背面モニターのバリアングル構造などは従来機から継承。快適操作を実現する。

review20140911_05a review20140911_05b review20140911_05c
ダイヤル&レバー追加でより使いやすく

ズーミングはレバー操作または鏡胴部のリング回転で行なう。鏡胴部のリングは、マニュアルでのピント操作を割り当てることも可能。ドライブモードも選択は専用ダイヤルですばやく行なえた。

■画質チェック
review20140911_06
画面左からフレームインしたリスが、手前の岩に足を付けてから、画面右へとフレームアウトするまでの一瞬の動きを4K動画で撮影。その1コマをカメラ内で静止画としてキャプチャした。リスの毛並みまでをしっかりと描写できるなど、A4プリントにも適した解像感がある。

review20140911_07
f=400mm相当という焦点距離の長さをいかして、遠近感を圧縮した構図で灯籠を撮影した。ピントを合わせた中央の花はシャープに解像。一方で、そこから前後に向かって徐々にぼやけていく、ボケの美しさを確認できる。初期設定の発色は、クリアでナチュラルな傾向だ。

■結論
動画から高精細な静止画が切り出せる。4K動画のメリットの一つとして、そんなことを近頃よく耳にするようになった。一般的な4K動画のサイズは、フルHDのちょうど4倍にあたる3840×2160ドット。つまり、約829万画素の静止画を超高速連写していることに相当し、通常のデジカメでは捉えきれない決定的な瞬間も簡単に撮れる、というわけだ。
その威力を検証すべく、パナソニック『DMC-FZ1000』を使って、ちょこまかと動き回る小動物を撮ってみた。MP4フォーマットの「4K/30p」を選び、シャッター速度を1/1000秒にセット。リスがジャンプした瞬間を動画記録し、それを静止画キャプチャしたのが左の写真だ。動きが速すぎて撮影時には見えなかったリスの色やかたち、毛並みの質感などがはっきりとわかるくらいシャープに記録できている。本来の4K動画カメラとしてだけでなく、超高速連写に対応した静止画カメラとして十分役立つ性能を実感できた。
と同時に、ストレスなく作動するAFの速さも気に入った。一眼レフには及ばないものの、高倍率ズーム機の中ではトップ級のAFスピードと言っていいだろう。
レンズは35㎜換算で25~400㎜相当の焦点距離を持つ光学16倍ズームで、開放値はF2.8~4。撮像素子には1.0型の大型センサーを搭載する。ボディは少々大柄で、携帯性は良いとは言えないが、レンズやセンサーのスペックを考慮すれば納得できるボディサイズだ。大きくて見やすい電子ビューファインダーやアングルフリーになる可動式モニターを備える点もポイントが高い。ただし、タッチパネル操作に非対応なのは残念だ。
そのほか、望遠撮影でもぶれのミスを最小限に防げるレンズシフト式の手ぶれ補正や、スローモーション動画、インターバル撮影、コマ撮りアニメ、Wi-Fi+NFCなどの機能を搭載。特に手ぶれ補正機構は最大望遠時にもピタッと止まる非常に高精度なもの。もちろん動画撮影時にも威力を発揮する。ミラーレス機並みのサイズだがそれに比肩する高性能を持つ逸品と言えるだろう。

■『Z1000』をおすすめな人は??
動画の愛好家層以外にもおすすめ

これまでのフルHD記録と変わらない気軽な撮影スタイルで、その4倍もの解像度を持つ4K動画が撮れることが魅力だ。多くの人にとって4K動画をいっそう身近なものにしてくれるカメラと言える。4Kテレビの購入者には特におすすめ。また、静止画キャプチャ機能を使って、動体の決定的な瞬間を狙いたい人にも打ってつけだ。

パナソニック
LUMIX DMC-FZ1000

実勢価格:10万9550円

サイズ:W136.8×H98.5×D130.7mm 重量:831g 撮像素子:1.0型MOSセンサー 有効画素数:2010万画素 液晶モニタ:3.0型液晶(約92万ドット) 光学ズーム:16倍(f=25~400mm相当) 解放F値:F2.8-4.0 手ぶれ補正機構:レンズシフト式 シャッター速度:1/4000~60秒(電子シャッター使用時は1/16000~) ISO感度:80~25600相当(拡張含む) 連続撮影枚数:約360枚

文・作例/永山昌克 撮影/江藤義典