PS Vitaゲームレビュー/モンスターハンター フロンティアG(第3回目)

review20140829_1
ハンターランク(HR)100以上で受注可能となる「剛種」モンスターの狩猟はどれほどの難易度なのか? そしてHR500到達からG級クエストへと続く、『モンスターハンター フロンティアG(MHF-G)』のコアな部分についてもお伝えしよう。

■『黄金狩人』達成間近
武器は全て揃った!
残るはガルバダオラの狩猟のみ

筆者が『MHF-G』の世界に飛び込んでから2週間ほどが過ぎた。その間は仕事も家庭も投げ打ち……というわけにもいかず、平日はあっさり、週末はじっくりとゲームを進めてきたわけだが、ハンターランク(HR)は9月7日の時点で100を突破! 第1回目から取り組んできたイベント『目指せHR100! 黄金狩人』も順調に進展、残すところはガルバダオラから「金塵龍討伐の証」を集めるのみとなった。

review20140912_001 review20140912_002
▲ゴゴモア、ヒプノック、アビオルグ、ルコディオラ、タイクンザムザ、ナナ・テスカトリ、テオ・テスカトル、アクラ・ヴァシム、エスピナス希少種、クアルセプス、ベルキュロス、ドラギュロス。これらのモンスターの素材から11種の武器を作りあげ、ついに「シュメルナッソ」をゲット! これにより、ガルバダオラ装備の素材の大半も入手できる。

イベントで指定された武器の中には、生産にレア素材を必要とするものも多い。筆者も素材集めにそれなりに苦労したが、現在は「多殻蟹武器強化!」「棘白竜武器強化!」など、必要な素材が入手しやすい救済クエストも順次増えてきた。これから『MHF-G』を始めるという方でも、イベントの期間内に終わらせることは難しくないはず。

ベルキュロス&ドラギュロス

review20140912_003 review20140912_004
▲『目指せHR100! 黄金狩人』の終盤に立ちふさがるのはこの2種。地上近くを飛び、電気を発生させたり、翼から延びる鞭のような鉤爪でハンターたちを襲う飛竜・ベルキュロス。そしてその亜種ドラギュロスは、ベルキュロスよりも地上にいることが多く、電気の代わりに龍属性で攻撃してくる。

遠距離まで届くブレス。尻尾を地面に叩きつけながら出す背後への放電。怒った時に繰り出す、上空に舞い上がってからの急降下……。ベルキュロスとドラギュロスは広範囲に届く強力な一撃を持っているため、慣れないうちは何度も力尽きてしまった。正面が危険なのはもちろんだが、背後からでも不用意に近付くと、尻尾の放電の餌食となる。また、相手の出方をうかがうために少し距離をとると、今度は翼から延びる鉤爪にやられやすい。

しかし、翼の下に潜るつもりで動くと意外なほど安全に立ち回れる。「予備動作をしっかり見る」という基本を、いつも以上に強く意識すべき相手だ。

■剛種防具作成!
「元気のみなもと」を活用して
勝利の糸口を掴む

武器を揃えながらHRを100まで上げたことで、ついにガルバダオラへの挑戦権を得た筆者。ちなみにガルバダオラとは、PS Vita版のパッケージなどを飾っていた、あの金色のモンスターのこと。ついにゲーム内でお目にかかれるのかと思うと、なかなかに感慨深いものがある。

個人的には初顔合わせのモンスターを狩る場合、まずは一人で挑戦してみて、だいたいの行動パターンを掴むことにしている。ガルバダオラもそのセオリー通り、まずは一人で挑戦してみたものの……開幕数秒で即ダウン(あれを初回から避けるのは無理)。秘薬で体力の上限を上げて再挑戦するも、1分もたたないうちに2回目のダウンを喫してしまう。剛種チケットはクエストを失敗した場合でも失われるので、この時点でクエストをリタイアして仕切りなおすことに。

ガルバダオラ

review20140912_005 review20140912_006
▲クシャルダオラのように金属質の鱗に覆われた、風を操る古龍。だがその体表は金色で、体の各部から結晶化した鉱石が姿をのぞかせる。また周囲には常に金粉が舞い散る。

基本的な動き、風のブレス、前足や尻尾を使った一撃などはクシャルダオラに近い。しかし背後をカバーする尻尾からの暴風、突進後に素早く180度ターンして出してくるブレス、後ろに飛びずさってから出す巨大な竜巻、フィールド全体を焼き尽くす光など、危険すぎる行動パターンを多数持つ。またガルバダオラのブレスや竜巻でダメージを受けると、体に結晶がまとわりついた状態に。動きが制限され、さらにスタミナも減るので、ガルバダオラの追撃を受けやすい。

あまりにも強大に見えるガルバダオラ。「対ガルバダオラ用に新しい防具を作るべきか?」などとも思ったが、HR100以上で生産可能になる防具は強力な分、その生産にも手間がかかってしまう。ここは『目指せHR100! 黄金狩人』を進める過程で入手したアイテム、「元気のみなもと」を使うべきタイミングだと判断。

「元気のみなもと」を使うと、受けるダメージが大幅に減り、ガルバダオラの行動を観察する余裕が生まれた。接近して攻撃するタイミング、離れるべきタイミングがわかったことで、討伐は思いのほかあっさりと成功する。そして一度要領をつかんでしまうと、「元気のみなもと」を使わずとも討伐が可能になった!
あとは「金塵龍討伐の証」が必要な数だけ集まるまで、ガルバダオラを狩り続けるのみだ。

review20140912_007 review20140912_008
▲とりあえず頭の部位だけ生産してみたところ。この調子ならイベントの完全クリアもそう遠くはないだろう。ハンター生活の道しるべである「ハンターナビ」も、剛種武具の生産を祝福してくれる。この段階でHRも114まで上昇。

なお、HR100以降で狩猟可能になるガルバダオラは「剛種」というカテゴリーに属している。剛種モンスターを狩るためには、「剛種チケット」というアイテムを消費する必要があるのだが、『目指せHR100! 黄金狩人』のイベントでシュメルナッソを生産すると、剛種チケットを50枚入手できる。イベントを進めていけば、すぐさまガルバダオラに挑戦できるわけだ。
また筆者は、PS Vita版『MHF-G』のパッケージに付属していたイベントコードを使用して、剛種チケットをさらに100枚入手している。さすがに150枚もあれば、気軽に挑戦することができるだろう。

review20140912_009
ちなみに剛種チケットの基本的な入手方法は、「SP武器」のカテゴリーに属する武器を使い、「剛種適性試験」と呼ばれるクエスト群をクリアすること。

■まとめ
遠い目標を強く意識せず
着実に積み重ねていく

残念ながら今回のレビューの期間内では、HR500以上で開放される武器のスキルランク(SR)と武器ごとの新アクション、SRが参加条件となるハードコア(HC)クエスト、そしてHR999、SR999到達後に受注できるG級クエストを、筆者自身の目と手で確かめることはできなかった。
だが、G級クエストこそが現在の『MHF-G』のフロントライン。PS Vita版パッケージの特典武器である穿龍棍「フォレルー」「ソンブルー」を使用するためには、そこに到達する必要がある。

スキルランクと新アクション

武器種ごとの秘伝書を装備することで、各武器種に従来の攻撃アクションの「地ノ型」新たなアクションが使用できるる「天ノ型」、「嵐ノ型」が選択できるようになり、また後述するHCクエストを受注できるようになる。SRを上げると受注できるHCクエストが増えるほか、武器種に更なる新アクションも追加される。

ハードコアクエスト

既存のクエストを、難易度の高いハードコアモードに切り替えて受注することができる要素。モンスターの動きが通常と変わるほか、ガードに必要なスタミナが増加し、閃光玉の効果時間が短くなるなど、歯ごたえの増した狩りを楽しめる

G級クエスト

さらに手強いモンスターが登場するが、その特性はHR1?HR99までに登場するモンスターに近い。変化球ではなく、球威のあるストレート的な難しさ。もちろん新規モンスターも続々と登場。

G級クエスト到達を目指してプレイする場合、確かにHR1?499まではほんの序盤に過ぎない。しかし、計3回のレビューを読まれた方ならご存知のとおり、序盤と切り捨ててしまうのはもったいないほどの、要素の詰まったものであることも事実。HR1からHR100までの流れでも、一般的なゲームを1本クリアする以上の遊び応えがある。

山の頂上はあえて見ず、足元を確かめながら一歩ずつ足を運んでいるうちに、いつのまにか頂上は間近になっていた──。『MHF-G』は、そんなコツコツと積み重ねる遊び方が合うゲームだ。そしてその道の途中には、思い思いの旅を楽しんでいる他のプレイヤーたちもいる。

『PS Vita』をお持ちの「モンスターハンター」ファンはもちろん、シリーズをプレイしたことがない方も、一度くらいはこの世界を訪れてみてはいかがだろうか。そこには意外な発見と、出会いが待ち受けているかもしれない。

回復薬などがゲットできる、お得なイベントコードを利用しよう!
DEJIMONOGIFTSA

(期間)
入力期間:2014年8月25日10:00?2014年12月24日9:59まで

(注意)
【イベントコードのご注意】●本イベントコードを『MHF-G』ゲーム内「特別イベントハウス」の「関連グッズ特典」の「デジモノステーション特典」を選択して入室し、受付に話しかけて入力してください。●本イベントコードは共通イベントコードです。●入力期間終了後にイベントコードを利用することはできません。●イベントコードの授受・譲渡・監禁・転売・オークションへの出品は禁止しております。●イベントコードを紛失、破損された場合でも再発行はできません。●イベントコードの使用後、変更や取り消しなどのご要望は応じかねます。●イベントコードは、一度入力すると二度と使用できません。●各ポータルやゲームのメンテナンスによって、イベントコード入力期間が短くなることがございます。メンテナンスの実施や時刻に関しては、随時公式サイトにてご案内いたしておりますので、ご確認ください。また、メンテナンス開始の10分前よりログインができなくなります。イベントコードの入力はお早めにお済ませください。●イベントコードの利用にあたって、「モンスターハンター フロンティアG利用規約」のほか、ご利用されているポータルサイトの会員規約等を順守する必要があります。これらの利用規約等につきましては、ご利用の環境に応じてMHF-G公式サイトおよび各ポータルサイトにてご確認ください。●MHF-G公式サイトhttp://www.mhf-g.jp/●イベントコードの発行者:株式会社カプコン●イベントコードに関するお問い合わせ窓口事業所の所在地:東京都新宿区西新宿二丁目1番1号新宿三井ビル●本イベントコードは全てのハードで使用できます。●イベントコードに関するお問い合わせはMHF-G公式サイトの「お問い合わせ」よりご連絡ください。

モンスターハンター フロンティアG

review20140829_12
●ハード:PlayStation Vita /PC / Xbox 360/PlayStation 3/ Wii U
●発売日:配信中
●価格:ハンターランク2まで無料、月額課金制
●プレイ料金:1400円(ハンターライフコース30日)
●ジャンル:ハンティングアクション
●メーカー:カプコン

公式サイト
http://www.mhf-g.jp

©CAPCOM CO., LTD. 2007, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.

文/高橋祐介