これで安心して歳を取れる? パナソニックのシニア向け家電が発表!

シロモノ家電担当の滝田です。

時代時代に合わせて、60年間、日本の暮らしを家電で支えて来たパナソニックが、
今や4人に1人が65歳以上という高齢化社会に直面している日本に合わせて、
50代~60代、ひいてはさらなるアッパーなシニア層のライフスタイルに合わせた
コンセプト家電を発表しました。

blog20140918_a

blog20140918_b

その名も「Jコンセプト家電」。ジャパンのJであり、上質のJ。
実際にそういった、いわゆる“目利き世代”たちの声を数多く取り入れ、
約2年間かけて開発された商品たち。
まずは第一弾として発表された3商品がエアコン、掃除機、冷蔵庫です。

blog20140918_c

それぞれ一般的な製品となにが違うのでしょうか?
それはシンプルにシニア層にとって使いやすいと思われる
機能やデザインをふんだんに取り入れたところ。

●エアコン

blog20140918_d

まずはエアコン。寒い冬などは特に「足元が冷える」という声に着目。
上位モデルの「HXシリーズ」で説明すると
従来の2倍の長さを持つという大きなフラップを備え、
上に行こうとする温風をしっかりと抑え込み、足元を温めます。
本体中央に床温度を計測するセンサーを設けて足元の温度を監視。
人が動いていることを検知すると暖房温度を下げる
といった細かな制御が行なえるのも見逃せません。

●掃除機

blog20140918_e

続いて紙パック式掃除機『MC-JP500G』。
「掃除機が重いだけで掃除が億劫」という意見を考慮して、
モーターや基盤を小型化、紙パックとモーター、コードリールを縦に並べて省スペース化するなど
本体重量を約2kgという、世界最軽量モデルを設計しました。
さらに、ただ軽いだけでなく、思わず触れたくなる
美しい織り目のテクスチャー感を実際にボディに織り込み
その名も「綾織」と名付けたプレミアム感も
目利き世代にはうれしいところ。

さらに参考出品で冷蔵庫も発表。

●冷蔵庫

blog20140918_f

日本の50代女性の平均身長が152cm。
そこからそんな女性たちが肘を曲げた時の腕の高さが
平均で90㎝になることを割り出し、
冷蔵庫『NR-JD5100V』は冷蔵室と野菜室の境目が、
それよりも少しだけ低い約88㎝に設計にしました。
野菜室は100%オープンになり、特に大きな野菜の出し入れが楽なのもポイント。
野菜室の手前にはボトルスペースを設け、重いペットボトルを
非力な女性たちが、冷蔵室まで持ち上げなくても良い形にしたのも
ユーザーフレンドリー。

そんな「Jコンセプト家電」は、今後もシロモノ家電を中心に、
ラインアップを拡充していくとのこと。
最近自分の両親も年を取ってきたので、
「Jコンセプト家電」をプレゼントしたら喜ぶかな~。