ついにリモート視聴対応! 生まれ変わった『nasne』をじっくり試してみました

blog20141003_01
“ネットワークレコーダー&メディアストレージ”こと『nasne(ナスネ)』が、
9月25日にシステムソフトウエアを一新。
全ユーザー待望の「Anytime TV」(外出先からのテレビ番組リモート視聴)に機能に対応しました。
ソフトのバージョンアップなので、既に持っている人は全員この恩恵が受けられます。やった~!!

blog20141003_02
▲『nasne』で録画した番組や、現在放送されている番組が、モバイル端末で家の外からでも観られるようになる話題のアレです。

現在のリモート視聴は、その昔流行した「ロケフリ」(ロケーションフリー)の再来とも言われていますが
まさに、『PSP』を使って自宅のレコーダーにアクセスできるようになったあの時のことを思い出します。

blog20141003_03

blog20141003_04
▲2005年に発売されたロケーションフリー端末『LF-PK1』。当時は、この端末をDVDレコーダーなどにつないで映像を外に送る仕組みでした。

しかし「ロケフリ」の頃と比べると、今の「外からリモート視聴」はずいぶんと仕組みが簡単になったものです。

blog20141003_05
▲『nasne』の設定画面(nasne HOME)で、手持ちの『nasne』のシステムソフトウエアを最新バージョンにアップデート。

リモート視聴に対応している端末は、10月2日時点で
【PlayStation Vita】
【Android端末】
【iOS端末】  の3種類となっていますが、
まずは一番使い慣れている『PS Vita』でのリモート視聴を試してみました。

blog20141003_06

blog20141003_07
▲「torne PS Vita」アプリの設定で、「エニイタイムアクセス設定」を「有効」にしておきます。
ちなみにこの設定は外出先からでは行なえず、『nasne』を置いてある家のネットワーク内でのみ「有効」にできるので注意。(僕は最初ここでつまづきました…)

ちなみに、準備らしい準備はこれだけです。

本来、家の外に持って行った場合は
「nasneからダウンロードしてある番組の再生」しかできなかった「torne PS Vita」ですが
リモート視聴が有効になると、外出先にいてもほぼ全ての機能が有効になります。

blog20141003_08
▲アプリの右上に「ネットワーク」という緑色のアイコンが出ていれば、リモート視聴ができる状態です。

blog20141003_09

blog20141003_10
▲録画番組リストから自在に番組を呼び出すこともできるし、現在放送中の番組を観ることもできます。

blog20141003_11

blog20141003_12
▲もちろん、番組表や録画ランキングからサクッとリモートで録画予約もできちゃいます。

また、今回の『nasne』のアップデートと合わせて
「torne PS Vita」アプリの方も大きくバージョンアップしていて……
中でも一押しは、「ニコニコ実況連携機能」です。
従来『PS3』、『PS4』で楽しめていた機能なのですが、これが今回晴れて『PS Vita』にも対応となったもの。

blog20141003_13

blog20141003_14
録画番組、または現在放送中番組を観ている時に、「ニコニコ実況」のコメントを表示することができます。
自分でコメントすることはできませんが、にぎやかで楽しいです。

blog20141003_15
▲各番組の盛り上がり度のグラフを表示して、盛り上がりがピークに到達した瞬間のコメントを確認するのがおもしろくてクセになります。

ちなみに、我が家では『PS Vita TV』の使用頻度も結構高いので、
「torne PS Vita TV」もニコニコ実況に対応してくれないかな……と思ったのですが、現在はまだのようです。
ぜひこっちもニコニコ実況に対応してほしい!

話題がそれてしまいましたが、
最後にスマホでのリモート視聴の具合もチェックしておきましょう。

スマホの場合は、Android/iOS両端末で対応のアプリ「TV SideView」を使ったやりかたがメインになります。

blog20141003_16 blog20141003_17
このアプリは、既にこの春からソニーBDレコーダーのリモート視聴機能に対応しているので、今回はその対応機器に『nasne』が加わったという形になります。
「TV SideView」は無料アプリですが、リモート視聴などを有効にするには初回のみ500円のプラグイン購入が必要。

blog20141003_18 blog20141003_19
▲「TV SideView」アプリの設定で、家に置いてある『nasne』の「外出先設定」をオンにしておきます。準備はこれでおしまい。

blog20141003_20

blog20141003_21 blog20141003_22
▲『nasne』に録画してある番組、あるいは現在放送中の番組をリモートで観られるようになりました。

blog20141003_23
スマホの場合は、常に必ず持ち歩いているものなので「どこでもテレビが観られる機能」のありがたみが断然違ってきます。
ワンセグとほぼ同じ感覚で、リアルタイムの番組も追いかけられるのがグッドです。

リモート視聴は、便利すぎて通信料金がちょっと心配になるレベルなのが今後の課題ですが、
Wi-Fiスポットなどをうまく活用して楽しんでいきたいところですね。

……しかし、発売からもうすぐ2年が経とうとしているというのに、
『nasne』はいまだにこんな重大なバージョンアップを仕掛けてくるから驚かされます。
こんなに長く遊べるおもちゃってなかなかないので、まだの方はこの機会にデビューしてみてはいかがでしょう?

blog20141003_24
ソニー・コンピュータエンタテインメント
『nasne(ナスネ)』
価格:2万3760円(1TBモデル)
http://www.jp.playstation.com/nasne/

©2014 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.