昨年話題になったソニーの“レンズだけデジカメ”が今年はレンズ交換可能に!

昨年10月に発売され、その“レンズ部分だけ”という形状が大いに話題となった、ソニー「レンズスタイル」カメラ。スマホとの棲み分けが課題とされる中、あえてスマホと融合するという発想は画期的だった。

そしてこの10月、その第2世代目モデルとして、光学30倍ズーム搭載『QX30』と、より大きなAPS-Cサイズセンサーを搭載した『QX1』が発売される。

中でも特に衝撃的だったのは後者がレンズ交換に対応したこと。持ち運びに便利なパンケーキレンズ、遠くまで撮れる望遠レンズ、表現力に優れた大口径レンズなど、用途に応じてレンズ付け替えることができる。レンズスタイルの可能性をさらに拡げてくれる要注目の逸品だ。

news20141009_01

ソニー『LensStyleCamera QX1』(10月10日発売/[パワーズームレンズキット]実勢価格=5万5080円/[ボディのみ]実勢価格=3万8880円)。レンズスタイルカメラにソニー製ミラーレスカメラ「α」シリーズのテクノロジーを融合したフラッグシップモデル。Eマウントレンズのほか、マウントアダプターを介してAマウントレンズを装着することも可能。

news20141009_03

大型バッテリーで撮影枚数をしっかり確保。他のEマウント機で採用されているものと同じなので共有することも可能。

news20141009_02

シャッターボタンは本体側面に配置。レンズを被写体に向けて抱え込むように持ち、左手親指で撮影するスタイルに。

news20141009_04

「Xperia」などのNFC対応スマホならワンタッチで面倒なペアリングを設定可能。画像データを転送したりもできる。

news20141009_05

ソニー『LensStyleCamera QX30』(10月10日発売/実勢価格=4万7520円)。光学10倍ズームを搭載した『QX10』の上位モデル。何と、一気に光学30倍ズームまで強化され、スマホ内蔵カメラでは到底撮影不可能な領域の写真を撮影できるようにした。もちろん強力な光学式手ぶれ補正機構搭載だ。