深剃り感と優しい剃り心地を両立! 4年ぶりにフルモデルチェンジしたフィリップス「9000」シリーズ

review20141008_001

1966年に3ヘッドの回転式シェーバーを開発。約50年近くに渡り、深剃りと肌への優しい剃り心地の両立を追求してきた同社の最新フラッグシップモデル。回転式シェーバーの特徴はヘッドをさまざまな方向に動かせるため、効率的にヒゲを剃ることができ、肌当たりが優しいこと。だが、深剃りに関しては往復式シェーバーに比べ、やや弱い印象だった。
だが、本機「9000シリーズ」はそのシェーバーに求められる特徴を高いレベルで実現した究極のモデルだ。輪郭検知テクノロジーなどにより、肌に密着して、ワンストロークあたり、従来機より20%多くのヒゲをカットできる。何度も往復させなくていいので、必然的に肌への負担も最小化でき、肌を傷めないので、優しさもさらに高まった。

●充実の深剃り感覚

『輪郭検知テクノロジー』で驚くほど肌に密着

review20141008_02

8方向に可動する回転式ヘッドが、顔のあらゆる凹凸にも、常にしっかりと密着するので、ワンストロークあたり最大20%のヒゲをカットできる。やわらかい頬、のど周辺、骨が硬いあごまで、あらゆるエリアのヒゲをしっかり捕らえる。

かつてない深剃りを実現する『ダブルVトラック刃』

review20141008_03

ヒゲを捉える外刃とヒゲを剃る内刃の両方をV字型に改良。厚みも改良した外刃が捉えたヒゲを、V字型に加工された鋭い切れ味の内刃でカットする。刃の枚数も21枚から24枚に増やし、同社の従来機種に比べて最大30%の深剃りを実現。

●独自の肌への優しさ

肌にやさしくシェービングする『スーパーリフト&カット』

review20141008_04

ヒゲを持ち上げてカットするため、内刃が直接肌にあたりにくく、深剃りと肌へのやさしさを両立する。ヒゲを無理やり引っ張らないので、しっかりと剃れるのに痛みやひりひり感などが一切ない。剃った後、思わずあごに触れたくなる。

『パーソナルコンフォート設定』で自分好みの設定が可能

review20141008_05

3段階の設定から好みの回転スピードに調節可能。ヒゲの濃さや肌質に合わせてより快適にシェービング。ヒゲの密集した箇所を剃る際や、肌をいたわって剃る際など、シーンに合わせた自分好みのシェービングにカスタマイズが可能だ。

●高機能な充電器

2層フィルターのカートリッジを交換するだけの手間いらず

review20141008_06

カートリッジ内部の2層フィルターによりヒゲはもちろんのこと、シェービング時に使ったジェルや泡フォームなど、ヘッドの内部などに入った汚れも、全てきれいに取り除ける。カートリッジも交換するだけでラクラクだ。

前モデル比較して一回り小さくなった充電器

review20141008_07

日本の洗面台にはやや大きく感じるのは否めないものの、前モデルと比較した場合、一回り小さくなった充電器。充電だけでなく、乾燥から潤滑化までも、セットするだけで完了できる使い勝手を考慮すると、このサイズ感でも十分納得。

<使い倒しインプレッション>

肌のヒリヒリ感は皆無で驚くほど深く剃れてます!

これまで自分は往復式ユーザーだった。理由は簡単。深剃りを優先したかったからだ。さらに、数年前に回転式を一時試したことがあったものの、肌当たりは良かったが、どこか深剃り感という視点では物足りない印象があったからだ。
だから、今回の「9000シリーズ」も使用前、その深剃り感には実は懐疑的だったが、その想いは良い意味で裏切られる。剃り上げた後、特にあごのあたりを手で触った際に、往復式と同じかそれ以上にしっかりと剃り上がっていることがわかったからだ。
3ヘッドの回転式がさらに改良されたことは、ユーザーが思っている以上に深剃り効果が高い上に、さらに注目したい点は、これまで以上に肌当たりも良くなったところ。元々自分は肌がそこまで強くない。深剃りを優先する往復式を使った後は、いくらシェービングフォームを使ったとしても、ヒリヒリ感がかなり残る。ただ、深剃り感を優先したいので、これは致し方ないと半ば諦めていた。でも、「9000シリーズ」を使うようになってからは、一切肌のヒリヒリ感を感じることはなくなる。極端なことを言えば、シェービングフォームを使わなくても大丈夫なほど、その効果は高い。
さらにうれしいのが、ハイエンドモデルでありながら、お風呂剃りに対応しているところだ。朝、出掛ける前にシャワーを浴びた際に、ついでにヒゲが剃れることで、時短にもつながるし、剃り終わった後、回転式の刃をユニットごと外した後、シャワーなどでそのまま水洗いできるので、いつでも清潔な状態をキープできる。
高機能な充電器は日本の一般的な洗面台にはやや大きい印象があるものの、それ自体は非常に使いやすい。カートリッジを入れるだけで交換できる仕組みを新たに採用した点はもちろん、使い終わったら、何も考えずにセットするだけ。自動で充電、洗浄、乾燥はもちろん、使い終わった回転式の刃を潤滑化まで実現してくれる至れり尽くせりぶり。実勢価格は約5万円とやや高価ながらも、このトータルで感じられる快適性は、長期間に渡り使うことを考えれば、コスパの高さを十分堪能することができるはず。

review20141008_08 review20141008_09 review20141008_10

review20141008_11

こんな人におすすめ! 読者への提案!

肌の弱い人やカミソリ派の人にもぜひ!

現状往復式シェーバーを使っているけど、肌が弱くてヒリヒリするという悩みを持つ人に絶対おすすめ。さらに、これまで電動シェーバーは使ったことがあるものの、なんとなくしっくりこなくて、カミソリ派を貫いている人にも、新次元の回転式シェーバーを一度試してもらいたい。電動シェーバーへの固定概念が大きく覆されるかも!?

フィリップス
9000シリーズ
S9711/33

実勢価格:5万1800円

review20141008_12

サイズ:W59xD70xH164㎜ 本体重量:169g 電源方式:充電式 100-240V 50/60Hz 消費電力(充電時):9W 充電時間:約1時間 使用時間(満充電時):約50分 充電池:単3リチウムイオン 水洗い:お風呂でも使用可能(IPX7基準をクリア)