PS4ゲームレビュー/Destiny(第3回)

review20141010_01
クルーシブル(対戦)ならではの緊張感と爽快感。チーム全体の力で成し遂げるレイド・ミッションの勝利、あるいは挫折。今回は『Destiny』が持つ魅力の中でも、もっともコアな部分についてお届けする。

review20140924_main

■クルーシブル(対戦)
遊戯としてのゲームではなく
試合としてのゲーム

1人でも、協力プレイでも、対戦でも──。人数を問わず、いろいろな楽しみ方ができるアクションシューティング『Destiny』。発売当初からプレイしている方は、そろそろ暗黒の諸勢力との戦いにも慣れてきた頃合いだろう。普通ならここで「ゲームの寿命」も後半戦となるわけだが、本作にはクルーシブルがある。対人戦ならではの緊張感と爽快感はコンピュータ相手の戦いとは根本的に異なり、ちょっとやそっとでは飽きることがない。

対人戦を始めたばかりのうちは、どんなにゲームが上手い人でも負けが続きやすい。例え遊びと言えども、見苦しいプレイをしたくない気持ちは痛いほどわかる。というか筆者もそう思うタイプだ。だが、熟考して失敗を回避しようとするのではなく、失敗から学ぶくらいの心構えで対戦するのが楽しむコツ。要するに「覚えゲー」感覚で取り組むわけ。変に考えすぎると、敵に機先を制されてやられがちである。
対戦に慣れてくると、スポーツなどと同様に、経験によって無意識に操作できる状況が増え、以前は反応できなかった事態にも適切に対応できるようになってくる。また協力プレイと同じように、味方と連係して多対一の状況を作り出すことも大切だ。

ちなみに本作には、スーパーチャージやロケットランチャーなど、相手が上級者だろうと倒してしまえる攻撃手段がいくつか存在する。ある程度慣れてくれば、こうした切り札を使って戦いの流れを変え、試合に参加している感覚を味わえるようになるだろう。本作は初心者への配慮を大切にしている作品だが、それは対戦においても例外ではない。

review20141010_001 review20141010_02
▲もちろん、敵もスーパーチャージありきで戦いを組み立てている。最初から思い通りに戦えるほど甘くはない。

review20141010_03 review20141010_047
▲はじめは6対6で陣取りを行なうルール「コントロール」に参加するのがおすすめ。獲得できるスコアが上がってきたら、別のルールにも参加してみよう。

■ストーリークリア後のお楽しみ
より難しい課題を達成するために
ゲームの腕や装備を鍛えていく

ストーリーを最後までクリアした後は、より手ごわいミッションがオープンになると同時に、装備の収集や強化もより重要性を増してくる。協力プレイでも、対戦でも。プレイヤーの好みに合った遊び方で、末永くキャラクターの強化を楽しむことができる。

なかでも「レイド」と呼ばれる高難度ミッションでは、キャラクターや装備をしっかり強化していることはもちろん、ミッション攻略手順の予習や、ボイスチャットを使った連係も重要になってくる。筆者もフレンド登録者を誘って挑戦してみたものの、ミッション中盤から与えられるダメージが不足し、敵の群れをさばききることができず全滅。後日、キャラクターや装備を強化してから再挑戦しようという結論に……。まさに上位数パーセントに位置する「上級者」のためのコンテンツという印象を受けた。

レイド攻略は一日にして成らず。

review20141010_05 review20141010_06
▲レアリティが高い装備は、強化するのにお金(グリマー)だけでなく、素材アイテムが必用になる。素材は各所にある宝箱や、レアリティの高い装備を解体した時に得られる仕組みだ。

review20141010_07 review20141010_08
▲ロケーション場面の右下にバンガード(ストライクを連続でプレイする遊び方)とクルーシブル(対戦)が並ぶ。また、タワーにいるキャラクターからバウンティを受注して、その条件達成を目指すのも遊び方の1つだ。

■まとめ
いつしか他者との関係性がメインとなる
終わりのないゲーム

オンラインで待つ猛者たちとの競い合い。レイドでの敗北と、その後の再挑戦の約束。
そのような「他のプレイヤーとの関係性」が知らず知らずのうちにプレイの動機になっていくのが本作の、ひいてはオンラインゲームの醍醐味。競合者が自分の技量をより引き上げてくれたり、チーム全体で努力して目標を達成するといった、1人では絶対に味わえない感動を味わうことができる。

もちろん、ゲームプレイは誰かに強要されるようなものであっては楽しめない。筆者自身も本作に関しては、トップクラスのプレイヤーに追いつこうとするのではなく、自分が自由になる時間の範囲で、気長にプレイしていこうと思っている。そして不思議なもので、そうしたプレイの仕方でも、いつのまにか自分と似たようなスタンスの仲間が集まってくるもの。ツイッターやフェイスブックなど外部のSNSサービスを活用したり、ゲーム動画の配信を行なうのも悪くない遊び方だろう。
誰かと一緒にゲームを遊ぶ楽しさは、リビングルームの中だけでなく、外界にも広がっている。『Destiny』はそのことを再確認させてくれた作品だ。

review20140924_logo

●ハード:PlayStation 4/PlayStation 3
●発売日:発売中(2014年9月11日)
●価格:各7900円(パッケージ版/DL版ともに税別)
●ジャンル:アクションシューティング
●プレイ人数:1人~(オンライン専用)
●メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント

公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/destiny/

©2014 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.

文/高橋祐介