カシオがまたやってくれた!! 分離・合体・変形デジカメの実力とは

世界初のモニタ付きデジカメ『QV-10』(1994年)や、カード形状のスリムカメラ『EX-S1』(2002年)など、カメラ史に残る多くの画期的名機を“発明”し続けてきたカシオ。この秋に投入される『EXーFR10』ではカメラ部とモニタ部が分離するというユニークな発想で、カメラの新しい楽しみ方を提案しようとしている。

これにより近年流行っているアクションカム的な活用法も可能に。各種アタッチメントも用意されるため、サイクリングなどさまざまなアクティビティで活用できる。もちろん、ラフな利用環境を考慮した耐候性も付与。防水、防塵、耐衝撃性能をしっかりと備えている。

news20141021_1
カシオ『EXILIM EX-FR10』(実勢価格=4万8870円)。有効1400万画素の単焦点カメラ。カメラ部とモニタ部を無線接続することで、自由なスタイルでの撮影を 可能にした。IPX6/7相当防水、IP6X相当防塵に加え、2mまでの耐落下衝撃性能も備える

news20141021_2
カメラとモニタをこちらに向けた「自分撮りスタイル」。シャッターボタンが2カ所にあるので、どう持っても撮影可能。

news20141021_3
目玉の「セパレートスタイル」。背面スタンドを利用した置き撮りから、各種アタッチメントを活用した撮影も楽しめる。

news20141021_4
モニタを接続した状態でぐいっと折り曲げると従来感覚で使える「カメラスタイル」に変型。ただし、ちょっとぶ厚くなる。

news20141021_5
シャッターボタンはカメラ側、モニタ側双方に用意。カメラを離した場所において撮影したり、モニタをポケットにしまった状態でレンズ部だけで撮影をしたりできる

news20141021_6
撮影画像はカメラ側で記録するため、モニタとのコネクションが切断されても大丈夫。ただし記録メディアはカメラでは珍しいmicroSDカードを採用。

news20141021_7
別売のマルチアングルグリップを装着することで、カバンやリュックのベルト部分に簡単取り付け可能。移動中のインターバル撮影時などに便利だ。

news20141021_8
モニタ部側のストラップホールはアウトドア使用のワイドタイプ。カラビナストラップが付属するほか、市販のストラップを装着することも可能。

news20141021_9
ほか、三脚用のトライポッドマウンター、いろいろな所に巻き付けられるマルチアングルベルトなど、さまざまなアタッチメントを当初から用意されている。

news20141021_10
f=21mm相当の超広角レンズを搭載。手持ちで自分撮りしても、背景をしっかり広い範囲で撮影可能。レンズがF2.8と明るめなのもポイント。