“キレイになる”のは当たり前! 最新「電動歯ブラシ」事情を探る

歯の表面に付いた歯垢やステイン汚れなどを効率良く落とせる電動&音波振動歯ブラシ。その汚れ除去効果が手磨きと比べて圧倒的に高いのはもはや知られたところだ。その上で、各社の最新の歯ブラシは歯がキレイになるだけじゃない、次のステージに達している。

例えば、パナソニックは極細毛と音波振動により、歯周ポケットの奥に溜まった歯垢をも除去。フィリップスも微細な振動により水流を生み出して、歯間や歯周ポケットの汚れを洗い流すことができる。どちらも、高齢者に多い歯のトラブルである、歯周病を予防できるのだ。

また、スマホとの連動により、自身の磨き癖などもチェックできるのがブラウンの「オーラルBプラチナ」シリーズだ。スマホに専用アプリをダウンロードし、磨き方を設定したり、磨いた回数などを細かく記録することができる。磨き癖や歯ぐきの状態にあわせて、最適なアドバイスが得られるのだ。

既に歯そのものをキレイにする機能はどのモデルにも遜色はないレベルに達している。現在のターゲットは歯ぐきのケアと歯周病対策だ。超微細ブラシや音波水流などの技術で各社しのぎを削っているのだ。

news20141024_001
●パナソニック『音波振動歯ブラシ ドルツ EW-DE43』(実勢価格=1万2290円)
毎分3万1000ブラシストロークのリニア音波振動により歯垢などもはじき飛ばすことができる音波振動歯ブラシ。また、細さ約0.02mmの極細毛ブラシを採用しており、歯周ポケットに深く入り込み、微細な汚れや雑菌を効率良く除去することができる。

news20141024_002
●フィリップス『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン HX9313/65』(実勢価格=2万8900円)
毎分3万1000回の超高速振動が生み出す音波水流により歯の隙間の汚れも除去できる「ソニックテクノロジー」を採用。コーヒーやタバコによる着色汚れもにも効果を発揮。置くだけで充電できる専用グラスを用意しインテリア性も高い。

news20141024_003
●ブラウン『オーラルB 新プラチナ・ブラック 7000 D365356X』(実勢価格=3万2170円)
ブラウン独自の3D丸型回転ブラシを採用。スマートフォンと連携するBluetooth機能により、データを自動的に取得し、ブラッシングした時間を自動的に記録。磨き癖や状態にあわせた歯科医のアドバイスをもとに質の高いオーラルケアが目指せる。