auが2014年冬、「au VoLTE」モデルを発表

blog20141027_1
auが2014年冬のラインナップを発表しました。
既に発表・発売されている『Xperia Z3 SOL26』と『GALAXY Note Edge SCL24』などを加えると
スマホ4機種にタブレット1機種、フィーチャーフォン1機種という内容です。

今回注目すべきポイントは、スマホなどの端末に加えてサービス面の大幅強化にあると思います。
まず、新たに発表された
12月初旬発売予定の『isai VL LGV31』

blog20141027_2
と、同じく12月初旬発売予定の『URBANO V01』

blog20141027_3
はVoLTEに対応しています。
VoLTEというのは、Voice over LTEの略称で音声も高速通信のLTEに対応している。ということです。3Gよりもクリアに通話できるイメージ。
その中でauは他キャリアと差別化を図るため、この「au VoLTE」対応している2機種(今後の新端末は対応予定だそうです)に関して新たな提案をしています。
それは、通話時に通話相手とのコミュニケーションを「音声」だけではなく、
「写真」や「地図アプリ」などの「データ」も加えたという点です。

例えば、食事会などに行く際、道に迷った時、先にお店についた相手(同じ「au VoLTE」対応端末を持ってるのが前提)に電話をして
スピーカーフォンにしつつ、地図アプリを開くと相手も同じ画面が表示され
その地図アプリを表示したまま、話ながらお店までナビしてもらえるというもの。要は、いちいちメールしないでリアルタイムでやり取りできるということ。

他にも同じ写真データを共有しながら、カメラアプリを開きながらというように同じデータを「共有」しながらコミュニケーションが取れるようになります。来年2月には完全に対応するみたいですね。

VoLTEサービスは目に見えないサービスなので、こういった目に見える具体的な提案をしたauの施策はすばらしいと思いました。
ほかにも、「au WALLET」にクレジットカードバージョンが発表されたりと
端末の魅力に加えてサービスの魅力もましたauは大手3キャリアの中で、今一番攻めてるんじゃないかと感じました。
発表会で配られたお水のラベルもいい感じッス。

blog20141027_4