スマホ時代に高価なカメラを買う理由とは?プロフォトグラファーに聞いてみた

スマホで充分に綺麗な写真が撮れる現代に、あえて高価な専用機を買う理由とは何だろう。“カメラ”でないと味わえないよろこびとは? 雑誌グラビアやCDジャケット、広告など、クリエイティブの最前線で活躍するプロフォトグラファー増田慶氏にカメラの愉しさ、そしてその深さについて聞いてみた。

*     *     *

生まれて初めて自分のカメラを買ったのは中学生の時。既にその時点でプロカメラマンになりたいと思っていて「だったらメカニカル機を使えるようになろう」と、いきなりオリンパスの『OM-1』を買ってしまいました。

しかもそれから数年後、中学生のうちに今度は「メーター(露出計)のついてないカメラが良いんじゃないか」なんて思い始めてニコン『F2』を購入することに。さすがにレンズを揃えるお金はなかったので、ボロい50㎜のレンズを付けて撮りまくってましたね。

そして高校2年の時には『ライカM4-2』に手を出し、ミノルタ「ライカCL」シリーズ向けレンズを装着して使い始めます。当時はまだライカブームが来る前だったので、高校生でも頑張れば買える価格帯だったんですよ。

それ以降もいろいろなカメラを買い換え、買い換え使ってきました。1つのカメラに愛着を持たないというわけではないんですけど、「欲しい!」と思っている時が一番楽しくて、買ってしばらくすると、ほかのカメラを試したくなるんです(笑)。プロになった後も、古いカメラを買ってきてはこっそり仕事で使ったりしていました。

とは言え最近はだいぶ落ち着いてきて、仕事で使うカメラは概ね3台に絞り込まれています。中でも一番気に入っているのはキヤノン『EOS 1D X』。これのフォーカシングスクリーンを交換し、さらにマグニファイングアイピースを装着して使っています。

こうすると被写体がよりしっかり見えるので、スピーディにピントを合わせられるようになるんですよ。原則的にAFは使わないので、ここにはとてもこだわっています。ただ困った事に最近の「EOS」はこの改造ができなくなってしまいました。当面はこいつを使い続けることになりそうです。

AFを使わない理由ですか? もうMFが身体に染み付いてしまっているからですね。AFから入るとピント合わせを面倒くさいものと思ってしまいがちですが、私はこの作業が大好き。また、単に気分の問題ではなく、テンポ良く撮影していくためにMFが有効だと考えています。

特にポートレート撮影時は相手の呼吸に合わせてシャッターを切っていくことが大事。被写体の側には「今、撮ってほしい!」という瞬間があるのですが、AF動作がその間に入るとその気持ちが削がれてしまうんです。ライブなど動きまわる被写体を撮る際にはAFを使いますが、そうでない時はMFにこだわりたいですね。

……とは言え、それを無理に薦めようとは思っていません(笑)。ただ、せっかく良いカメラを買ったのなら、何かしらの“手間”をかけた撮影を楽しんでほしいですね。

例えば、まずは明るいレンズでぼけ感のある写真を撮ってみてはいかがでしょうか? そして、次はこんな構図で撮りたいとか出てくるので、レンズを選んでいく。

後はとにかくたくさん撮りまくることですね。自分もまだフイルムが必要だった時期には1日6本とか撮っていたのですから今振り返ってみても驚きです(笑)。でも、そうしてカメラを自分の肉体の一部にしていくことが大事だし、それが楽しいことなんだと思いますよ。

達人の仕事道具に真のコダワリを見た! !

TOOL1:マグニファイングアイピース

news20141106_01

ファインダー倍率を拡大する別売アイピース。増田さんは2台の「EOS」のほか、『HasselbladH1』でも別製品向けのそれをテープで固定し使っている。

TOOL2:カールツアイス銘50mmレンズ

news20141106_02

ポートレートは100mm前後のレンズで撮るのが一般的だが、男性はあえてより短いレンズで撮ることも。見る人に“距離感の近さ”が伝わるのだという。

TOOL3:撮影用ワーキングカート

news20141106_03

屋外での撮影をより快適にするためワーキングカートを半自作。PCはゼロハリのカバンに入れ、機材の移動用、作業台としても使えるようにした。