分離!! 合体! ロボみたいなデジカメ カシオ『FR10』

blog20141031_01

やっぱりデジタルグッズは“こう”でないと。

カシオの『EXILIM EX-FR10』は仰天のカメラ部とコントローラー部が、セパレート(分離)するギミックを採用。このガジェット感と、カシオ製特有のアウトドア仕様(防水・防塵・耐衝撃)でそれだけで持ってみたくなるんです。

blog20141031_02a blog20141031_02b

blog20141031_02c blog20141031_02d
▲こんな感じでカメラ部にスタンドが付いていて、合体&分離する仕組み

で、何が良いのかと言うと、“カメラを構えない“撮影ができるということ。

普通カメラって、背面にあるモニタを見ながら撮りたい被写体と対面して撮りますが、セパレートすることで被写体と並んで“セルフィー(自撮り)”できたり、離れた場所に置いて“リモート撮影”できたり、バッグや体に装着して“別視点での撮影”ができる。
撮影方法が変わるってことは、同じシーンでも全然違う写真が撮れるんです!
実際に使うと、移動しながら、話ながら、~しながらの撮影が増えますね。

blog20141031_03
▲もちろん普通のカメラスタイルでも撮影できます!

カメラ部とコントロール部は常にBluetoothでペアリングされているので、設定不要。シャッターボタンも、それぞれに付いてるので、どちら側から操作してもOK!!

日常でちょっと違った写真や動画が撮りたいなら、体に装着して撮影するのがオススメです。休日、人が集まる時はセルフィーかリモート撮影が効果テキメン!

blog20141031_04a blog20141031_04b
▲リュックに付けたり、首から提げたり。

blog20141031_05a blog20141031_05b blog20141031_05c
▲カラビナでぶら下げたり、頭に付けたり、スケボーに付けてみたり。

実際に使うと、いっぱい写真や動画を撮っちゃうけど、1日使ってもバッテリーの持ちもなかなか。1個注意点は、カメラ、コントローラーそれぞれを充電しなければいけないところ。

撮影後は専用の無料アプリで、スマホやタブレットにもすぐ送信!

ちなみに先日、パラグライダーに付けて撮影してみました!
腕にモニターを付けて、首からカメラ部をぶら下げていざダイブ。

blog20141031_06a blog20141031_06b blog20141031_06c
▲体に付けて飛んでみました!!動画がすごい!
その様子は、またデジモノステーションにて紹介致します!