傍らにあるだけでセレブ気分!? プレミアム調理家電4選

今年は個性的な一芸調理家電に、優れたアイテムが数多く発売。

まずは、ラッセルホブスの『CRISTAL Glass Toaster 10617JP-58』。食パンを焼くだけのトースターに、無数のスワロフスキー社のクリスタルをちりばめたルックスは、まさにプレミアムの極み。

価格も5万円オーバーと、トースターの一般的相場とは乖離するものの、そこはイギリスを代表する家電ブランドのラッセルホブス。普通の食パンも5枚切りまで対応、山型パンも焼けるほか、焼き加減も濃淡調節できるなど、庶民派に重要な実用性もしっかり実現。毎朝贅沢な気分を味わいたい! 他人が持ってないものが欲しい! という欲張りなあなたにこそ、おすすめの一台だ。

news20141113_01
ラッセルホブス『CRISTAL Glass Toaster 10617JP-58』(実勢価格=5万4000円)
ガラス素材を使ったスタンダードモデルでも十分な上質感が得られるが、スワロフスキー社とコラボし、無数のクリスタルをちりばめたことや、500台限定というレア感も纏ったトースターは、キッチンに置くだけで、毎日驚くほど贅沢な気分に浸れる。もちろん、そんなルックスだけでなく、トースターとしてのパフォーマンスもラッセルホブスならではの高さ。そういう意味では“一粒で二度美味しい”製品として、コストパフォーマンスは十分高いはずだ。

次は、豆の味わいを極めた最高級エスプレッソマシン、サエコ『XELSIS – Black Metal』。小型全自動マシンで唯一、イタリア国際カフェテイスティング協会に認定された本機。お湯の量と豆の量に加え、圧まで調整でき、常に最高の味わいでコーヒーが飲める。ミルクフォーマーは使うたびに、自動的にスチームバスで洗浄し、いつでも最高のフォーミングが可能だ。業務用として、プロも納得な美味しさを実現している。

news20141113_02
サエコ『XELSIS – Black Metal』(実勢価格=15万8000円)
タッチ式ワイドディスプレイを搭載するエスプレッソマシン。エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテ、レギュラーコーヒーと、あらゆるコーヒーをワンタッチで作れる。珈琲の持つ味わいを最大限引き出せる最高級の機能を凝縮した1台だ。

パワフルな回転刃が魅力のミキサーは、アメリカで90年の歴史を持つホールフードマシーン専門メーカー・バイタミックスの『PRO500』。グリーンスムージーがブームになるとともに、セレブを中心に売れた本格派だ。本体はやや大きいものの、そのパワフルさは桁違いで、それによって作り出されるスムージーのなめらかな舌触りは、他のミキサーでは決して実現できないほどハイクオリティだ。毎日グリーンスムージー生活を送りたい人には強くおすすめ!

news20141113_03
バイタミックス『PRO500』(実勢価格=10万6920円)
その最上位モデルはプログラムモードを搭載し、スムージー、フローズンデザート、ホットスープと、各レシピにダイヤルを合わせ、START/STOPを押すだけで、簡単に作れる。

最後に紹介するのは、熱を対流させて火を通すコンベクションオーブン、デロンギの『SFORNATUTTO Pangourmet Convection Oven EOB2071J』。シェフが振る舞うような本格的なイタリアンオーブン料理が作れる1台。パン機能を使って、ヨーロッパで愛されているさまざまな種類のパンを自動で簡単に作れる。浅め(2cm)、深め(4cm)のトレイ、オイルプレート、丸型ピザストーン、グリップ、計量カップ、計量スプーン、パンボウルなどの付属品が充実しているのも魅力。

news20141113_04
デロンギの『SFORNATUTTO Pangourmet Convection Oven EOB2071J』(実勢価格=10万8000円)
やわらかい熱を対流させて、食材を包み込むようにじっくり火を通すコンベクションオーブン。外はパリッと、中はジューシーに、リストランテの美味しさを自宅で実現できる。20ℓの大容量だから、大きな肉も丸ごと調理可能だ。