タカラトミーが挑む「リアルロボットファイト」がおもしろそうすぎる

タカラトミーがこの夏に発売した自立二輪走行ロボット『Hello! MiP』(ハローミップ)。
blog20141107_001

二輪で自立しながら、体の傾きを感知するジャイロセンサーで絶えずバランスをとっており、倒れそうで倒れない独特の動きをするかわいいヤツです。

この『Hello! MiP』が挑むという、とある無謀なプロジェクトの予告ムービーがYouTubeにアップされていました。

そのプロジェクトとは題して“Hello! MiP×ヴイストン「リアルロボットファイト」”

ヴイストンとは、ディアゴスティーニ『週刊Robi』や、『村田製作所チアリーディング部』の開発協力、
また『よつばと!』の動く「ダンボー」の商品化などでも知られる、日本ロボット界の超大物です。

『Hello! MiP』(おもちゃロボ代表!)がこのヴイストンのロボ(ロボットガチ勢!)に戦いを挑むというものなのですが、
出てくるロボたちのかわいさ、機体どうしの熱いぶつかり合い、そして現場に漂うシュールさに大変惹き込まれるものがあります。

blog20141107_002

blog20141107_003

blog20141107_004

blog20141107_005
「ワタシノナマエハ ロボビーエックスデス。」
blog20141107_006

blog20141107_007

blog20141107_008
あ~これは強大だ!
blog20141107_009

blog20141107_010

blog20141107_011

ロボを操る主たちのまなざしは真剣そのもの!

予告編によれば「14.11.7 ROADSHOW」ということなので、まもなく本編が公開されるはず。
これ、勝敗はどうやってつけるんでしょうか!? 早く見たくて仕方がないです。
正座して待つことにしましょう!

blog20141107_012
タカラトミー
オムニボット Hello! MiP
実勢価格:1万4000円
http://www.takaratomy.co.jp/products/omnibot/hellomip/