クラウド連携に、Wi-Fiテザリング、イマドキカーナビでできること

目的地まで案内する機能については、既に一定の到達点まで達した感のあるカーナビだが、メーカー各社はさらなる進化に注力している。それは検索の使い勝手や精度であったり、UIや大画面化であったりと各社さまざまだが、最新のカーナビに触れると、その「できること」の進化に驚くことは間違いない。

特に、近年メーカー各社が力を入れているのはクラウドを活用した音声検索。従来の音声検索は音声の認識から目的地検索までをカーナビの本体内で行なっていたが、それをクラウド上で処理する仕組みだ。これにより、音声認識の精度が飛躍的に高まり、通常の会話をするように話かけることが可能に。検索する情報も常に最新のものなので、例えば「空いている駐車場」という条件での検索もできるようになっている。

news20141128_01

カロッツェリア『楽ナビ AVIC-RL09』
誰でも使いやすいことをコンセプトに開発される「楽ナビ」シリーズの最上位モデル。8V型の大画面を採用し、車内での使いやすさを追求したスマートコマンダーも同梱。スマホとBluetooth接続してネットワークにつなげる機能にも対応し、フリーワード音声検索などが使える。

●ナビに話しかけて目的地を探せる!
最新カロッツェリアナビだと、スマホか通信モジュール(別売)に接続すればクラウドと連携した音声検索が利用可能。ナビに話しかけるように、希望のスポットを最新のデータから検索できる。「近くのイタリアンレストランを探して」というような自然な言葉遣いでも、クラウド上で正確に音声を認識し、スポットを検索してくれる。検索候補を選ぶ際も、音声で選択が可能だ。

●スマートコマンダーで直感的にコントロール
今期の「楽ナビ」から採用されたのが、レバーを傾けたり、ダイヤルを回したり、ボタンを押す動作でナビを操作できる「スマートコマンダー」。画面の小さなボタンを探すことなく、手元で直感的にナビを操作できる。

news20141128_02

パナソニック『ストラーダ 美優ナビ CN-RX01WD』
地図や映像を美しく表示し、優れたナビ機能を持つことから「美優(ビ・ユー)ナビ」と名付けられたシリーズの最上位モデル。BDの再生に対応し、HUDやDSRC車載器などとの接続も可能だ。

●ナビとの対話で目的地を設定
Bluetooth接続したスマホの通信を活用し、クラウドと連携した音声検索が使える。画面に登場するキャラクターと会話するように目的地の設定が可能だ。ハンドルから手を離さずに操作できるので安全運転にも貢献。

●BDを車内でも楽しめる
市販カーナビとしては初となる内蔵式のブルーレイディスク(BD)プレイヤーを搭載。自宅のレコーダーで録りためた番組などを車内で楽しむことができる。連携する9型のリアモニタも子育て世代にはありがたい。

news20141128_03

イクリプス『ULTRA AVN AVN-SZX04i』
9V型大画面を採用したフラッグシップモデルに手続き不要、通信費無料( 2017年10月末まで)で使える通信ユニットを同梱。地図更新も手間なく自動で行なえるほか、駐車場の満空情報や目的地検索もサーバー上の最新データを参照できる。

●会話で目的地検索・ナビ操作可能
スマホアプリ「CarafL」と連携したクラウド型音声検索に対応。アプリのキャラクター会話を楽しむように目的地検索やオーディオ切り替えが可能。クルマに乗る前にスマホで探した目的地をナビに転送することも。

news20141128_04

クラリオン『NX714』
スマホで使い慣れたGoogleの検索を音声で使えるのがポイント。車内ではハンドルから手を離したくないことなどもあって、音声での検索機能は非常に便利だ。今期より新たに「グルメ検索」機能に対応。レストランなどを探したい時に重宝する。

●ナビに話しかけるようにGoogle検索
Googleの音声認識やスポット情報と連携したクラウド型音声検索「Intelligent VOICE」に対応。ナビに話かけるだけで、スマホのような検索性を利用できる。バージョンアップで使い勝手が向上した。

news20141128_05

ビッグX プレミアムシリーズ『EX-1000-VO』
車種専用にパネルを作り起こすことで大画面の装着を可能にした「ビッグX」シリーズが、ついに10V型画面まで進化。7V型の2.3倍という面積を誇り、視認性や操作性に優れる。写真は『ヴォクシー』用で、地デジアンテナまで専用設計。

●乗っている車種専用に全てをセットアップ
10V型の大画面を収めるために、インテリアのパネルを車種ごとに作り起こしているのはもちろん、オープニング画面や音響なども車種専用に設定。バックカメラを付けた場合のガイド線も車種専用。

news20141128_06

ケンウッド『彩速ナビゲーション MDV-Z701』
表示の鮮やかさと、レスポンスの速さが売りの「彩速ナビ」シリーズのトップモデル。スマホのような操作感と反応は、使っていても気持ちが良い。スマホとのWi-Fi接続に対応し、ネットワークを介して最新情報を入手できるほか、クラウド型の音声検索機能も使える。

●Wi-FIテザリングで最新情報を入手
Wi-Fi対応により、スマホのテザリング機能を使って最新情報の入手が可能に。「スマートループ」渋滞情報から、駐車場の満空情報、ガソリン価格などを検索可能。

news20141128_07

三菱電機『DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ90 PREMI』
車内で利用頻度の高い音楽再生機能にこだわったモデル。ナビ部とオーディオ部のシャーシを分け、ノイズの影響を除去する構造を採用するほか、各部に高品質なパーツを用いることで徹底的に音質の向上を図っている。

● 車内でも圧倒的な高音質を堪能
32bitの高精度D/Aコンバーターなどハイエンドオーディオに用いられるパーツを使うことで、高密度な音の再生を可能にしている。