撮影後にフォーカス可能な次世代カメラがついに国内販売開始

海外では既に発売されている『LYTRO ILLUM』が12月12日より国内販売開始。先代モデルより、一眼レフのようなスタイルにモデルチェンジしている。

このカメラの特徴は、レンズに入る光の束を各方向まるごと記録し、後から任意の場所(距離)に再フォーカス可能な点にある。カメラのレンズを通過した光は、複数のマイクロレンズを通ってセンサーに記録され、異なる小画像群を生成。それぞれの画像をレンダリングし、ピント位置の異なる複数枚の画像を統合することで、撮影後に専用アプリなどで、フォーカス位置を任意に変えられる画像ができる仕組みになっている。

撮影後にピントが合わせが可能な新発想で絞りはF2固定、光学8倍(f=30~250mm)。撮影時は精確な集光が必要になるため、三脚が必須となる。

サイズはW145×H86×D166mm、重量940g、撮像素子は1.2型有効、400万画素CMOSを備える。光学ズームは最大8倍、スタイルマルチタッチ対応の4型液晶モニタを搭載。専用リチウムイオン充電池では約400枚撮影可能。micro USB3.0ケーブルも付属。

加賀ハイテック『LYTRO ILLUM』(直販価格=19万8000円)
加賀ハイテック『LYTRO ILLUM』(直販価格=19万8000円)