東京スカイツリーがノーベル賞に染まる

副編・石田です。
昨晩は、本誌2月号の制作が佳境を迎えてピリピリしている編集部をこっそり抜け出し、
東京スカイツリーの「光の3原色」特別ライティングを見てきました~。

この特別ライティングは、皆さんご存じの青色LEDノーベル賞受賞をお祝いするため
東京スカイツリーのLED照明を手掛けているパナソニックが協力して実現したもの。

R(レッド)→G(グリーン)→B(ブルー)の順で、それぞれ1分ずつ点灯した後、
RGBに白を加えた4色点灯が3分続いて、最後は白のみが1分点灯するという、
7分間のイルミネーションショー。

12月18日23時までの1週間限定イベントなので、
遠くからでも近くからでも、一度チェックしてみてはいかがでしょう?

01
赤からスタート。1分間点灯。

02
緑が点って、こちらも1分間。

03
爽やかな青。1分間点灯。

04
そして、赤、緑、青が重なって白が生まれるという仕組みを
現わす4色点灯が3分間続きます。

05
最後に全身白のスカイツリーが1分間輝き、1ターン終了。
これが7日間20時15分~23時まで繰り返し行なわれます。

一通り見終わって1階のイルミネーションもパシャリ。
その煌めきに、今なら抱かれてもいいかなって思いながら、
編集部に戻ったのでした。