【プレイ時間:9時間】ゲームレビュー/PS4版『グランド・セフト・オートV』後編

review20141219_1

オンライン上のロス・サントスで、引き続き『GTAオンライン』を楽しむことができるぞ。現行機版では最大16人のプレイヤーであそぶことができたが新世代機版では何と30人に!フレンドと集合して遊ぶもよし、知らない人の中に飛び込むもよし!

■GTAオンライン
経験者であれば
データを引き継いで遊ぶことも

『GTAV』が従来のシリーズ作品と一線を画している点、それは『GTAオンライン』の存在だ。他のプレイヤーとミッション(ジョブ)やレース、銃撃戦、スポーツなどを楽しめるだけでなく、お金を稼いでスペシャルな武器や物件、乗り物を購入するなど、オンラインゲームとして長く楽しめるボリュームと質を備えている。

新世代機版はこれまでに行なわれたアップデートを全て反映した状態で楽しめるだけでなく、PS3版/Xbox 360版のデータを引き継いでプレイすることも可能(ちなみにオフラインのデータは引き継げないので注意)。

遊べる内容はこれまでと同様だが、先週も紹介した「一人称視点」で遊ぶとプレイ感がガラリと変化するので、ぜひ実際に試していただきたいところ。

■銃撃戦
review20141219_2 review20141219_3

三人称視点でのプレイは自分の周囲の状況が比較的わかりやすいが、自分とターゲットの間に障害物があることに気が付きにくかったり、思わぬカメラの動きで照準がしにくいことがある。しかし一人称視点なら、自分自身がその場にいる感覚で狙えるため、「撃つ」ことに関してはとてもわかりやすい。倒した相手の様子をよく見られるという副産物もある。
個人的には一長一短だと感じたので、状況に合わせて視点を使い分けるようにしていた。視点の切り替えは手動で行なえるだけでなく、事前に細かくカスタマイズすることができるのもグッド。

■レース
review20141219_4 review20141219_5

こちらも従来の視点の方がライバルとの位置関係やコースの把握がしやすいが、一人称視点だと映像の臨場感がアップしたり、武器が使いやすかったりする。それぞれの視点にメリットがあるということ。
中でも、航空機を使ったエアレースと一人称視点の相性は抜群だと感じた。やはりフライトものはコクピット視点に限る。

■1人プレイでも大丈夫
オンラインといっても
他人と遊ぶことばかりではない

『GTAオンライン』のメインのお楽しみは、他のプレイヤーとの対戦であることは間違いない。しかし、仕事に疲れている時や、寝る前にリラックスしたい時など、あまりハードに遊びたくない気分のときもあるはずだ。そんな時は1人でコツコツと遊ぶこともできるのが『GTAオンライン』の良いところ。筆者自身、そちらの遊び方も結構好きだったりする。

『GTAオンライン』を始めたばかりのプレイヤーは体力が低く、使える武器や車も限られており、そのままでは他のプレイヤーにカモにされやすい。あまりに負けが続くようなら、1人でもプレイできるミッションやレースで経験値やお金を貯め、まずは同じ土俵に上がることを目指してみよう。

幸いにも、PS4版/Xbox One版には初回特典として100万ドル(シングルプレイ用50万ドル、オンライン用50万ドル)がもらえるコードが付属しているので、序盤のお金の問題は解決したも同然。どうせプレイするなら早めにプレイしたほうがお得! というわけだ。

■レース(1人で練習)
review20141219_6

レースで勝つにはコースを覚える事がきわめて重要。そして愛車をチューニングするだけでなく、チューニングで生じた操作性のクセを掴んでおくことも忘れてはいけない。そのために、1人でレースをプレイしてみることはとてもリーズナブルな選択。同時にお金も稼ぐこともできる。

■GTAクリエイター
review20141219_7 review20141219_8

『GTAオンライン』には、プレイヤーが独自にミッションやレースを作ることができる「GTAクリエイター」というツールが付属している。フレンド同士でお互いに作ったレースをプレイし合ったり、未知のフィールドでの新鮮な対戦も行なえる。また、成果物を全世界に公開することだって可能だ。

また、ツールがとても使いやすいため、ミッションを自作する「それ自体」が楽しめてしまう。そして自分でテストプレイをしている時の達成感、実際に誰かにプレイしてもらう時のワクワク感は、他ではなかなか味わえないものだ。

■まとめ
今後も定期的な
アップデートが続く予定!

以上、現段階でもさまざまなレースやミッションを楽しめる『GTAオンライン』。だがその真のすごさは、公式のアップデートや、GTAクリエイターによって生み出される自作ミッションによって、内容がどんどん追加されていくということかもしれない。熱心なプレイヤーの中には、昨年からずっと『GTAオンライン』を遊び続けているという方もいるほどだ。

筆者も新世代機版をさわったおかげで、久々にGTAクリエイターに没頭してしまった次第。身近な人やフレンドに自作ミッションをプレイさせた時、チャットボイスの笑い声と悲鳴が心地良い(笑)。

年末年始にかけてまとまったプレイ時間が確保できそうという方は、オンライン上のロス・サントスで、思いっきりハメを外してみてはいかがだろうか。

【プレイ時間:9時間、前後編合計プレイ時間:12時間】

PS4/Xbox One版『グランド・セフト・オートV』

review20141212_GTAV_LOGO
●ハード:PlayStation 4/Xbox One
●発売日:発売中(2014年12月11日発売)
PC版:2015年1月27日発売予定
●価格:各7,400円(税別)
●ジャンル:オープンワールド
●プレイ人数:1人(オンライン最大30人)
●メーカー:ロックスター・ゲームス

公式サイト
http://www.rockstargames.com/V/ja_jp

© 2014 Rockstar Games, Inc.
文/高橋祐介