ハイグレードすぎる最新ラジコンに震える。静岡タミヤ本社潜入レポ

blog20150107_01
今、ホビーラジコンの進化がかなりすごいことになっているらしい……
そんなウワサを聞きつけ、
ミニ四駆やラジコンで知られる巨大ホビーメーカー、タミヤ静岡本社に取材してきました。

blog20150107_02
都内から車で約2時間。静岡市のタミヤ本社に到着。

blog20150107_03
本日のメインイベントは、1月24日発売のデジモノステーションに掲載予定のラジコン特集取材。
ミーティングルームには、ピカピカに塗装された大型&精密な最新ラジコンがズラリと並びました!

blog20150107_04
『1/10 電動RCカーシリーズ トヨタTUNDRA ハイリフト』でさっそく走行テストさせてもらいましたが、のっけからスゴイぞ。
パワーをオンにすると、
エンジンがかかった音が鳴り響き
振動ユニットにより本体がブルブルと震え
前面の大型ランプ、ロードランプが順次点灯。
ハンパじゃない迫力です!!

これらは、実車さながらの挙動を実現する「マルチファンクションユニット」(別売)を本体に取り付けることで可能になってます。

blog20150107_05
ちなみに1/10スケールというサイズ感も大迫力。
デジモノステーションの雑誌と並べてみると、そのすごさがわかります。

blog20150107_06
内部構造もメカメカしくて組み立てが超楽しそう。

blog20150107_07
無線LANと同じ2.4GHz帯を使う最新のプロポ(コントローラー)。

本製品は全てユーザーによる組み立て式で、本体+プロポ+マルチファンクションユニットのフルセットモデルは10万9080円!
価格なりのプレミアムな楽しみができそうです。

そして、実は今回さらなる目玉が“戦車”のラジコンでした。

blog20150107_08
陸上自衛隊の現役車両「10式戦車」をモデルにした、発売前の超精密キットを撮影させてもらったのですが……これがまたスゴかった。
本製品の詳報は、次号デジモノステーションを乞うご期待!です。

そして、タミヤ本社潜入記念に、最新製品満載のショールームにもお邪魔してみました。
blog20150107_09

blog20150107_10

blog20150107_11
ラジコンや各種プラモデル、そして大人気のミニ四駆がギッシリと。

blog20150107_12
ショールームにあるのは商品だけじゃなかった。
プラモデルになった自動車、バイクなどの実機も展示されていて楽しい!
左奥にはF1マシン、右奥にはジープなんかも見えます。

blog20150107_13
本社2階の「歴史館」。
こちらは1946年(戦後まもなく!)創業以来の、タミヤの歴史あるプラモデルやラジコンが一望できます。

blog20150107_14

blog20150107_15
タミヤの歴史をたどることは、すなわち戦車プラモデルの歴史をたどることでもある……!

blog20150107_16
社会科見学ネタ的には、実際にプラモデルを金型から作る機械が見られるのはオイシイ。
「出来たてプラモデル 差し上げます!」と書かれたこちらの機械により、
おみやげ用特製プラモをプレゼントしてもらいました。

blog20150107_17
特製の武将プラモデルです。シンプルだけどうれしい。

タミヤさん、今日はお付き合いいただきありがとうございました~!