手ぶれ補正機構内蔵で実用性を劇的に高めた新世代『α7II』

review20150126_01

先代の『α7』は2013年末に発売され、フルサイズならではの高画質を気軽に楽しめるカメラとして幅広いユーザー層からの支持を得た。それから約1年後、5軸手ぶれ補正機構という実用性の高い機能を盛り込んで新登場したのが今回紹介する進化モデル『α7 II』である。
外観デザインは一新され、高級感と剛性感が向上。ミラーレスカメラとしては最重量となるボディからは、ずっしりとした重みが伝わり、大きなレンズを装着した場合でも安定したホールディングが得られる。シャッターボタンが天面からグリップ上へと移動し、より押しやすくなったこともうれしいポイントだ。

■基本性能をチェック

review20150126_02
もちろんフルサイズセンサー搭載

撮像素子は35mmフルサイズの「Exmor」CMOSセンサーで、有効画素数は約2430万画素。画像処理エンジンには「BIONZ X」を搭載する。

review20150126_03
見やすいWhiteMagicディスプレイ

液晶は、前モデルから精細化したほか、チルト可動の動きと角度がやや変更。三脚にセットした場合でも底部が雲台に干渉しにくくなった。

review20150126_04
堅牢さを高めたマグネシウムボディ

外装は、トップとフロントのカバーに金属を採用。トップカバー以外は樹脂製だった『α7』に比べていっそう堅牢かつ高品位な雰囲気が漂う。

review20150126_05
強力5軸補正で手ぶれを大幅に軽減!!

フルサイズ用では世界初という5軸手ぶれ補正を内蔵。5軸とは、一般的なレンズ内補正が採用する角度ぶれ(ピッチ、ヨー)の補正に、シフトぶれ(X軸、Y軸)と回転ぶれ(ロール)の補正を加えたもの。

review20150126_06a
ホールドしやすい大型グリップ

大型化したことでグリップのホールド感が大きく向上した。ただし、位置と形状が変更された前ダイヤルについては、指があたる面積が小さくなったため、少々回しにくくなった印象を受ける。

review20150126_06b
『α7』(写真左)に比べると、重みと厚みが増したが、グリップ感とボディの質感は大きく向上。シャッターボタンやホットシューは黒っぽい色に変更された。

■画質チェック

review20150126_07
撮像素子の「Exmor」CMOSセンサーと画像処理エンジン「BIONZ X」は、既存モデル『α7』と同等のもので、画質に関してはほぼ同じと考えていい。フルサイズセンサーならではの精密なディテール表現と滑らかな階調描写、ノイズが目立たない高感度画質を実感できた。

review20150126_08
一般的に近接撮影になればなるほど、X軸やY軸方向へのシフトぶれの影響が大きくなるが、この写真では5軸手ぶれ補正によってシャープに写すことができた。合焦部分のキレ味と背景のふんわりとしたボケ味の両立が狙い通りの結果となった。クリアな発色も好印象だ。

■結論
ソニー『α7 II』の最大の注目点は、同社のEマウントを採用した製品では初めてボディ内手ぶれ補正機構を搭載したこと。これまでは手ぶれ補正内蔵のレンズ使用時のみ補正が可能だったが、本モデルではオールドレンズも含めた、装着する全レンズで補正が作動するようになった。しかも、フルサイズでは初となる5軸補正を採用。一般的な上下と左右の角度ぶれだけでなく、マクロ撮影時に生じやすいX/Y軸のシフトぶれ、さらに夜景や動画撮影時に目立つ回転ぶれもしっかりと補正できる。試用では、単焦点レンズ『FE 55㎜ F1.8 ZA』を装着した場合、シャッター速度1/4秒でもぶれなしで撮影できた。個人差や条件による差はあるが、4段前後の効果があると考えていいだろう。
この強力な手ぶれ補正のトレードオフとして、既存モデル『α7』に比べて重量が140g増え、本体重量は約556gになったことは留意しておきたい。エントリークラスの一眼レフを上回る重さだ。外装については、シボ処理を加えたマグネシウム合金に一新され、高級感と剛性感がアップした。さらに、グリップの改良やシャッターボタンの位置変更によってホールド感が向上したことも見逃せない。
AFには、位相差方式のコントラスト検出方式を組み合わせたファストハイブリッドAFを継承する。アルゴリズムの最適化などによって、AFレスポンスは約30%高速化。試用でもその進化を実感できた。ただし、これまでと同じくシャッターボタンのストロークがやや長いことは好みが分かれるところ。上位機『α7S』が備えるサイレント撮影機能が見送られたことも少々残念だ。背面レイアウトの変更によってボタンが押しやすくなったことや、カスタマイズ可能なボタンが増えたことは操作感を高めるうれしい進化と言える。
そのほか、液晶の精細化や視認性アップ、フルHD動画撮影機能の高機能化、マウント部の強度アップ、課題となっていた起動の高速化なども実現。フルサイズならではの高画質をいっそう快適に楽しめるカメラに仕上がっている。先代『α7』購入を見送ったという人も、これならばきっと満足できるはずだ。

■『α7 II』をおすすめな人は??
高画質な写真作品を撮りたい人に

手ぶれ補正を搭載した分、従来モデルよりも大型化&重量化したほか、価格も高くなった。ボディのみで20万円弱と手頃な価格とは言えないが、フルサイズならではの高画質と強力なぶれ補正の融合には、それに見合うだけの価値があると言っていい。オールドレンズ愛好家や、作品として写真撮影を楽しむユーザーには特におすすめできる。

ソニー 『α7 II』
[ボディのみ]実勢価格:19万8880円

サイズ:W126.9×H95.7×D59.7mm 重量:599g 撮像素子:35mmフルサイズ”Exmor”CMOSセンサー 有効画素数:2430万画素 液晶モニタ:3.0型チルト式液晶(約122.9万ドット) ファインダー:0.5型有機EL(約235.9万ドット) レンズマウント:FEマウント 手ぶれ補正機構:センサーシフト式(5軸) シャッター速度:1/8000~30秒 ISO感度:100〜51200相当(拡張含む)

文・作例/永山昌克 撮影/松浦文生