ボーズから登場、日本古来の伝統美を追求した“墨”と“蒔絵”のヘッドフォン

古来から伝えられてきた日本独自の美。その奥ゆかしい伝統美をBoseが銘機『QuietComfort 25』に大胆に取り入れた。

受け継がれてきた職人の業がその輝きを花開かせた蒔絵にインスパイアされた『MAKI-E』と、モノクロームの濃淡で表現した『SUMI』の2モデルは高音質と機能性はさることながら、まさに和の美の粋を極めた逸品。

耳元を飾り立てる意匠のさりげなさも日本らしさに通じるところで、和を尊ぶ心が現れている。ヘッドホンの進化さえ描き出した工芸品と言っていいだろう。

news20150206_02
Bose『QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones JAPAN CONCEPT MODEL “MAKI-E”』(実勢価格=4万3200円/3月10日発売)。奈良時代に始まったとされる、日本独自の漆工芸「蒔絵」をイメージしたデザインモデル。漆で描いた紋様の上に、金粉や銀粉、色粉を落として模様を描き出した伝統工芸をモチーフにしている。

news20150206_01
Bose『QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones JAPAN CONCEPT MODEL “SUMI”』(実勢価格=4万3200円/3月10日発売)。古代より日本の歴史を記してきた墨の美に着目。黒のコントラスト、グロスとマットを組み合わせることで生まれた端麗な質感をまとった。細部の黒も細かく色合いを塗り分けることで、墨の濃淡を表現している。