これでダメならダイエットは諦めるべき?至れり尽くせりなソニー『Smart B-Trainer』

調理家電の撮影で美味しい料理を試食するのは大好きですが
ウエアラブルデバイスの取材などで、走るのは嫌いです。
なぜか? 当然疲れますからね。しかも、今は冬で寒いし。
とは言え、これ以上太るのもイヤだなーと気にしているのも事実。
齢40を目前に、体力がだいぶ落ちていることも、個人的には非常に心配です。

そんな折に、ソニーの“Smart B-Trainer” の発表会に行きました。

blog20150212_001

Smart B-Trainerは、「シンプルでスタイリッシュ」、「楽しく効率的」、
「ゴール設定と達成感」をキーコンセプトに開発。
オーディオの技術と最新のセンシングやソフトウェアの技術を融合させることにより、
スポーツシーンに新しい体験を提案する、まさにソニーにしかできないウエアラブルデバイスです。

blog20150212_002

Sony
Smart B-Trainer/2万7000円前後(本体)

本体『SSE-BTR1』は以前から発売されているヘッドホン一体型のウォークマンと似ています。
耳に装着してランニングログの計測とトレーニングに適した音楽再生を1台で実現するスポーツデバイス。
さらに、ランニングログをスマートフォンで管理し、多彩なトレーニングメニューを選択できる
アプリケーションソフトウェア『Smart B-Trainer for Running』と組み合わせて使います。

では、いったい何ができるのでしょうか?
コンパクトな筐体に 6 種類のセンサー(心拍、加速度、GPS、コンパス、ジャイロ、 気圧)を内蔵し、
11 種類のランニングログ(心拍数、消費カロリー、距離、時間、 スピード、ペース、ピッチ、歩数、
ストライド、走行ルート、高度)を計測・記録します。

blog20150212_003 blog20150212_004 blog20150212_005

心拍数をリアルタイムに計測し、事前に設定したユーザープロファイルと目標心拍数をもとに、
その時のランナーの状況に応じた最適なテンポの楽曲を 自動選曲、再生。
「楽しく効率的」なトレーニングをサポートします。
ペースが速すぎるときはテンポの遅い曲を、ペースアップする際にはテンポの速い曲を
それぞれ収録している楽曲のなかから、ちょうど良いものを選んで再生します。

blog20150212_006 blog20150212_007 blog20150212_008

さらに自分ではどうやってトレーニングしていいのか分からない!
もっとレベルの高いトレーニングを継続したい、フルマラソンまで走りたいなど
意識の高い人用にプレミアムトレーニングサービスも用意されています。
マラソン解説やランニングコーチとして知られる金哲彦氏が監修したトレーニングメニューで、
ウォーキングからフルマラソン対策まで様々な目的やレベルに対応する多彩なメニューが展開されます。

blog20150212_009 blog20150212_010

トレーニングの内容は、一定期間で上達できるよう工夫されており、
トレーニング中に聞くことのできる金哲彦氏の音声によるコーチングのほか、
金哲彦氏 オリジナルのウォーミングアップ/クールダウン、
トレーニング終了後にアプリ上で確認可能なワンポイントアドバイスや進捗管理など、
金哲彦氏のコーチングを体験することができます。

ここまで至れり尽くせりのSmart B-Trainerですから
これで続かなかったら、もうダイエットやトレーニングは諦めましょう。