鳥型から潜水艦、クレーンまで、最新技ありラジコンまとめ

クルマやヘリコプターとはひと味違う動きで、存在感を放つ変わり種のRC(ラジコン)が増加中。アッと驚くアイデアが詰まったギミック、メカニズムが搭載され、操る楽しさたっぷりのモデルが目白押しだ。今回はそんな技あり一芸ラジコンのなかからオススメを紹介したい。

news20150217_001
京商『XTIM アビトロンV2.0』(価格=1万5120円)。2枚の翼を羽ばたかせ空中を飛び回る、フランス生まれの鳥型RC。翼の強弱で浮力を、尾の傾きで左右の旋回を操作。屋内外で飛行できるパフォーマンスは京商のサイト(http://www.kyosho.com/)でぜひチェックを! 2.4GHzの専用コントローラー付き。

news20150217_002
【ここが技あり】ボディ中央に内蔵する独創的なギアボックスで、鳥が羽ばたく姿を表現。モーターの加熱とバッテリートラブルに対応した、先進の保護機能が付く。

news20150217_003
ハイテック『Uボート タイプ206A』(価格=7020円)。内蔵するピストンの動きで潜行・浮上を制御する先進メカを搭載。前進・後進、左右旋回をコントロールする専用プロポ付き。前後左右の操作でソナー音が、ボタン操作では魚雷発射音が響くサウンド機能も搭載している。

news20150217_004
【ここが技あり】前進後進はスクリューで、左右旋回は船尾のデバイスで制御する。潜水艦が航行する仕組みが把握できる部分だ。

news20150217_005
タカラトミー『水陸空RC アンリミテッドブルー』(価格=9990円)。4つのプロペラが発生させる風力によって、水上から陸上、空中での制御を実現。軽量ボディとタイヤに特殊なフロート素材を使うことで自由な動きのスタイルを確立した。

news20150217_006
【ここが技あり】専用ボタンを押すとプロペラで上昇開始して、空中での操縦が楽しめる。ホバリングや旋回操作、水上からのテイクオフも行なえる。

news20150217_007
童友社『IR 建機 タワークレーン』(価格=1万2960円)。ジブ(クレーンの腕)の旋回から滑車の移動が操作できる、IR(赤外線)コントロール建機の本格派モデル。ワイヤーを使って上下する特徴的なフックの可動アクションは迫力満点だ。普段は味わえない運転士の気分が体験できる。

【ここが技あり】全高90cmの存在感あふれるビッグフォルムに驚き。ジグ、フックの動きは臨場感にあふれ、実際の作業現場を思わせるリアルさだ。

news20150217_008
童友社『RC 建機 パワーショベル』(価格=2万1384円)。RC建機の代表格で、大柄なボディは実車さながらの迫力。前進後進はもちろん、ショベルやアームの微妙な動きまでが再現可能で、思うままに掘削操作が楽しめる。塗装済みボディと制御ユニットを搭載した、完成シャーシのフルセットだ。

news20150217_009
【ここが技あり】アームとショベルを連動させたリアルな操作性は、RC建機の醍醐味。各部の動きも滑らかで、掘削アクションは大興奮モノ!

news20150217_010
京商『ミニッツ モトレーサー』ヤマハ YZR-M1 2011 No.1 世界GP参戦50周年仕様(価格=1万8144円)。後輪に配した独創的な“E-ジャイロ”とブラシレスモーターの搭載で、安定した2輪走行を達成。専用のプロポが付属し、購入後すぐに走行できるフルセットだ。

news20150217_011
【ここが技あり】高速から低速まで、E-ジャイロの回転数を調整することで速度域を問わずにフラつかない夢のライディングを可能にした。

news20150217_012
パロット『ミニドローン ジャンピングスーモ』(価格=1万9800円)。ボディの両サイドにラバータイヤを設けた、Wi-FiコントロールスタイルのRCロボット。スマホの表示キーでの制御のほか、専用アプリの“ロードプラン”で前進後進からスピンといったコミカルなアクションをこなす。

news20150217_013
【ここが技あり】リヤエンドに備わるデバイスを操作して、水平&垂直方向に80cmまでジャンプするアクロバティックな動きをコントロールできる。