まだ進化するの!? スマホ直取り込みドライブ『CDレコ』、今度はNAS対応へ

“音楽CDの取り込みにPCを使うのが面倒? だったらドライブを直接スマホにつないでしまえばいいじゃない!”
というアイデアで昨年発売され、たちまち話題を呼んだスマホ向け外付CDドライブ『CDレコ』

blog20150312_01

アイ・オー・データ機器『CDレコ CDRI-S24A』

この変わり種ドライブ、当初はAndroid端末専用で登場しましたが
大反響を受けてiOS対応&ワイヤレスになった『CDレコ Wi-Fi』も後から発売。

さらにスマホ(タブレット)側のアプリがちょくちょくバージョンアップしていて、
ただの一発屋で終わらない雰囲気を見せていましたが、昨日のバージョンアップでまたやってくれました。

blog20150312_02

<「CDレコ」アプリの最新機能まとめ>
・音楽CDをドライブからスマホ&タブレットに直接取り込み。(PCレスでOK!)
・Android、iOS両端末対応。
・曲名やアーティスト名、アルバムジャケットの自動取得。
・FLAC(ロスレス)形式での楽曲取り込み。
・取り込んだ楽曲の再生。
・「iTunes」で同期した楽曲の再生。(iOS版)
・楽曲再生中の歌詞表示機能。
・取り込んだ楽曲のCD-R書き出し。
NEW! ・Wi-Fi接続したNASへの楽曲取り込み対応。(容量を気にせず取り込める!)

新たに対応したのが、NASとの連携機能。

潤沢なHDD容量があるPCと違い、スマホ本体に音楽CDをガンガン取り込んでいくと
せいぜい32GB~64GBのキャパシティは いっぱいいっぱいになっちゃいますよね。
そこで外部ストレージであるNASの連携機能がついたというのは納得です。

blog20150312_03
▲アイ・オー・データ機器『ポケドラCloud』シリーズ

blog20150312_04

「CDレコ」アプリの最新バージョンでは、設定メニューに「NASへ転送/取り込み機能の設定」という項目が増えてます。
ここで同一ネットワークに設置したNASを登録可能に。

blog20150312_05

「CDレコ」アプリでの楽曲(アルバム)表示はこんな感じになります。
ここから曲の再生や書き出しが可能で、スマホ本体→NASへのバックアップができるようになりました。
NAS上に保存されている楽曲にはマークが付いてますね。

「CDレコ」アプリとの連携に対応したNASのリストはこちら。
http://www.iodata.jp/product/storage/taiou/cdreco/cdreco_app.htm
メーカー担当者さんいわく、アイ・オー・データ製の対応機種に限られるそうです。

今回のアップデートは、既に『CDレコ』を使っている人でももちろん恩恵が受けられます。
しかしまさかNASまで連携するとは…
なかなかに予想以上です。

自分用のPCを持っていない学生さんなどが、
「お父さ~ん、CD渡すからスマホに取り込んでおいて!」なんて頼んだり、ありがちですよね。
でもそのお父さんが、
「ハイ、『CDレコ』あげるから、自分でいくらでも取り込みなさい」と言って
プレゼントしたり……けっこう増えてるらしいですよ?
引き続き、今後も注目です。

blog20150312_06

アイ・オー・データ
CDレコ CDRI-S24A
実勢価格:7000円
(USB接続、Androidのみ対応)

blog20150312_07

アイ・オー・データ
CDレコ Wi-Fi CDRI-W24AI
実勢価格:9600円
(Wi-Fi/USB接続、Android/iOS対応)