ちょっとチャレンジング!? 最新“新発想”カメラ3選

ここ数年、新作カメラ(特にコンパクトカメラ)の大命題となっているのが、これまでになかった魅力的な新発想の発明。スマホのカメラがあそこまで進化してしまった現在、なまじな製品は手に取ってすらもらえない。あえてカメラを買う“理由”が求められているのだ。

そんな中、際立つ新発想で我々を驚かせてくれたのが、パナソニック『DMC-CM1』とオリンパス『OLYMPUS Air A01』の2モデル。前者はむしろスマホのカメラをさらに進化させてしまおうという逆転の発想が、後者はスマホ連携での活用を前提にした超小型ボディに加え、アプリ開発環境などをオープンにした点がユニークだ。

また、キヤノンからは2013年に発売した新発想モデル『PowerShot N』の後継機が登場。そのユニークなスクエアデザインはそのままに、ユーザーの声を反映した機能改良が行なわれている。

どれもやや実験的な意味合いが強いものの、それゆえに手に取った時に感じるワクワク感はかなりのもの。“これからのカメラ”に興味がある人にぜひとも試してみてほしい。

news20150316_00a
パナソニック『LUMIX DMC-CM1』(実勢価格=12万9600円)。Androidスマホ(SIMフリー仕様)に、1型センサーの高画質カメラを搭載した実験的製品。撮った写真をその場でSNSに投稿したり(別途データ通信契約が必要)、高性能アプリを駆使して写真を加工したりを1台で、単独操作にて行なえる。

news20150316_01
レンズ周りのコントロールリングを回すことでデジタルズームや露出補正などを素早く行なえる。

news20150316_02
レンズはf=28mm相当の単焦点ライカ銘レンズ。F2.8と明るく、背景を大きくぼかせる。

news20150316_03_a news20150316_03_b
操作性はスマホ寄り。タッチ&ドロップで写真をネット共有できるなど工夫されている。

news20150316_04
本体底面にSIMカードスロットを用意。別途通信キャリアと契約すれば通話&通信が可能だ。

news20150316_05_a news20150316_05_b
通常のAndroid端末としても利用可能。Webブラウザを利用したり、ゲームアプリでも遊べる。

【評価人のコメント】
スマホの軽快さとカメラならではの高画質を併せ持った面白い発想の製品だと思いました。1型センサーのおかげで、確かに従来スマホとは比べものにならない高画質で撮れるようになっています。今後の課題はスマホならではの使い方をどれだけ提案できるか。面白いアイデアが出てくることに期待しています。(プロフォトグラファー/永山)

news20150316_00b
キヤノン『PowerShot N2』(実勢価格=3万5420円)。シンメトリーなスクエア形状に加え、ワンショットでオリジナル+5種のエフェクトを適用した写真を撮影できる「クリエイティブショット」など、ハード、ソフト両面で独創的な小型モデル。このサイズで8倍ズーム搭載も見事だ。

news20150316_06
Wi-Fi&NFC機能付き。対応Androidスマホをかざすだけで撮影した画像を伝送したりできる。

news20150316_07
モニタを起こすことで、ウエストレベルでの撮影が可能。往年の二眼カメラの感覚で撮れる。

news20150316_08
モニタが180度回転するようになり、先代モデルでリクエストの多かった自撮りに対応した。

news20150316_09
レンズ周りに配置されたダイヤルでズーム(回転)およびシャッター(押下)操作を行なう仕組み。

【評価人のコメント】
家族や友人との思い出を写真という形で残しておきたいという人にぴったりのカメラ。それもハレの日の気合いを入れた写真ではなく、普段の生活を切り取るような写真を撮るのに向いています。モニタが180度回転するようになったのも◎。子供とツーショットを撮ったりするのが楽になりました。とても小さいので流行りの自撮り棒との相性も良さそう。(プロフォトグラファー/永山)

news20150316_00c
オリンパス『OLYMPUS Air A01』([レンズキット]直販限定価格=5万3784円/[ボディのみ]直販限定価格=3万5640円)。撮像素子や映像エンジンなど、撮影に最低限必要な部分以外全てカットすることで極限までの小型化を果たしたレンズ交換式カメラ。スマホ連携(Bluetooth/Wi-Fi)を前提としており、8つのアプリで多彩な撮影を楽しめるようにしている。

news20150316_010_a news20150316_010_b news20150316_010_c
アートフィルター撮影専用アプリや、短編動画専門アプリなど、用途別に8つのアプリを用意。ユーザーが独自にアプリを開発できる環境も無償提供する。

news20150316_011
マイクロフォーサーズマウント対応レンズを装着可能。AFなど全ての機能が利用可能だ。

news20150316_012
付属アダプタを使うことでスマホを本体に固定可能に。カメラライクなスタイルで撮影できる。

news20150316_013
もちろんスマホがない状態でも撮影可能。本体上部にシャッターボタンが用意されている。

【評価人のコメント】
Bluetoothを使って本体に触ることなく電源オン&Wi-Fi接続が可能など、先行する同コンセプト製品と比べて一歩リードしています。ただし、Wi-Fiでつなぐ関係上、どうしてもあらゆる操作にラグが発生してしまうのが残念。動き回る被写体には不向きですね。その上で、アプリやアクセサリの開発環境がオープンになっている点はすばらしい。今後の発展に注目しましょう。(プロフォトグラファー/永山)

評価人/プロフォトグラファー
永山昌克
海外スナップ写真を中心に活躍する写真家。97年からはカメラレビューの執筆開始、これまで試用した製品は千台以上。カメラグランプリ選考委員も歴任。

取材・文/山下達也(ジアスワークス)
撮影/松浦文生